Amazonブラックフライデー開催中!おすすめ商品を紹介中!

iPhone 12 miniからProに戻る理由。カメラの使い方を考えて買うべき。

ガジェット
スポンサーリンク

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

iPhone 12シリーズの発売と同時にPro Maxとminiを購入し、今まで約2年ほどiPhone 12 miniを愛用し続けてきました。それまではiPhone Xや11 Pro Maxなどのハイエンドモデルを使っていましたが、仕事や生活スタイルの変化もあり、その時最適だったのがiPhone 12 miniだったんです。

ですが、2年間使っているうちにスマホに求めることが変わってきてしまい、なんとなく使っていて歯がゆい状態に。考えた結果、結論としては、ふたたびiPhoneのProモデルに戻ることになりました。

というわけで今回は、なぜminiモデルからProモデルに戻ることになったのかを、簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

iPhone 12 miniはめちゃくちゃ好き

購入して2年以上使い続けてきたこともあり、iPhone 12 miniは今でもお気に入りの1台。ポケットに入れていても邪魔にならないサイズ感や、ふつうに使っていれば1日持つバッテリーなど、持ち運びやすさと使いやすさが両立している、魅力ある1台。

また、愛用しているMagSafe レザーウォレットとの相性も抜群で、iPhone 12 miniの背面に貼り付けておけば「スマホ+クレジットカード+身分証+現金」と最低限の荷物にまとめられ、出かける時はそれ1つだけ手に取ればいいように。純正アクセサリーらしく横幅がピッタリなのもいいところです。

あわせてiPad mini 6も所有していることもあり、腰を据えて使うときや画面が小さくて物足りないときには使い分けたりと、iPhone 12 miniの小ささに特化させた使い方ができていました。

iPhone 12 miniは「最低限の荷物をコンパクトにまとめて移動したい」という欲求をストレートに満たしてくれるいい端末なんです。

カクタケイ
カクタケイ

ちょっとしたドライブに行く時などに重宝しました。ポケットに入っていても邪魔にならず、スマホと鍵を持つだけでいいのがラクなんです。

それでもProに戻るのは、望遠カメラがないから

それでもボクが12 miniからProモデルに戻るのは、Proモデルには望遠カメラがあるから。もし12 miniに望遠カメラがあれば、これからも使い続けていたはずです。

これはブログを書くようになり、カメラに対する要求が上がったのが大きな理由。iPhone 12 miniとPro Maxを購入した当時はカメラにほとんど興味がなく、写真も月に1枚撮れば多いレベルだったのが、今やことあるごとに写真を撮るようになりました。

とはいえ、ボクが写真を撮るのは風景ではなくモノ。そこで問題になったのが、近くにあるモノを広角カメラで撮影すると、強いパースがかかった状態の写真が撮れてしまうこと。そうならないためにも、できれば望遠カメラで撮影するのが好ましいんです。

iPhone 12 miniをiPhone 12 Pro Maxの広角カメラと望遠カメラで撮影した写真を比べてみると、その差は歴然。広角カメラで撮ったiPhone 12 miniはパースがキツく、実物より縦長に見える違和感のある写真になっているのがわかります。

広角カメラでのパースの違和感を抑える場合、「被写体と離れて撮影し、編集して切り抜く」方法がありますが、その欠点は画質がさらに荒くなってしまうこと。iPhoneのカメラは14 Proの広角カメラを除いて12メガピクセルしかないため、切り抜きや拡大する用途にはあまり向いていません。

こういった理由もあり、物撮りメインでカメラを使うなら、できれば望遠カメラのあるスマホに戻りたいと感じてしまったんです。

カクタケイ
カクタケイ

切り抜きはいわゆるデジタルズームをしたような状態になるため、細部がキリッとした感じはなくなってしまいます。

それでもiPhone 14 Proは買わない

出典:Apple【iPhone 14 Pro 仕様】

「望遠カメラのあるProモデルに戻りたい……」とはいえ、iPhone 14 Proを買うわけではなく、一旦はiPhone 12 miniと同時に購入したiPhone 12 Pro Maxに戻ることにしました。

iPhone 14 Proは3倍ズームの望遠カメラが搭載されていることに加え、広角カメラも48メガピクセルになったことで、切り抜きにも十分対応できる解像度をもっています。つまり、ボクが望んでいる機能が詰め込まれているんです。

それでもiPhone 14 Proを買わない理由は以下の2つ。

  1. 本体のデザインが3世代目に突入
  2. EUでUSB-C統一法案が可決されたこと

iPhoneの本体のデザインは数年ごとのリニューアルが定説。iPhone 8までの世代は2年ごとにリニューアルを重ねてきましたが、iPhone X以降は3年ごとと長期化。iPhone 14のデザインはiPhone 12から続いている3年目のため、来年あたりにリニューアルされる可能性があります。

また、EUで充電端子のUSB-C統一法案が可決されたこともあり、「来年のiPhone 15ではデザインのリニューアルにあわせてUSB-C端子になるのでは?」と淡い期待を寄せています。

これらのことから、今はiPhone 14 Proを購入するのはあまり得策ではなく、できれば来年まで待つべきと判断。とりあえず1年ほどiPhone 12 Pro Maxを使い、ボクがカメラに求めていることが正しいかを確認することにします。

カクタケイ
カクタケイ

iPhone 14 Proの実機にも触ってきましたが、普段使いする分の性能は12 Pro Maxと大差ないかなぁと感じてしまったというのもあります。

まとめ:カメラの使い方で考えれば後悔しない

今回は「iPhone 12 miniからProモデルに戻る理由」という話でした。

あくまでもボクの個人的な事例からの切り口となりましたが、実際にiPhoneのどのモデルを購入しようか悩むことが多々あります。特にiPhoneは標準モデルとProモデルの差がいまいち感じづらく、あまり詳しくない人はどれを購入すればいいのか悩みがちです。

CPUや画面サイズなどのスペックには目をつむりながら使うのは容易ですが、どうしてもカメラの差だけは埋められません。iPhoneのどのモデルを購入するか悩んでいる場合、「カメラをどういった用途で使いたいのか」を基準に考えると、あまり後悔せずにすみます。

以上、カクタケイ(@kakutakei)でした。

この記事を読んだあなたには、こちらもオススメ

Amazonプライム会員なら、クレジットカードでチャージするだけで0.5%分のポイントがおトクに!

  • クレジットカードでの5,000円以上のチャージで、0.5%分のポイントがもらえる!

  • Amazon Mastercardを使えば2.5%分のポイントに!
  • 下のクーポンコードを貼り付けるだけでOK!
  • クーポンコード:F4CP4Y5GRTY7

\Amazon Mastercardからのチャージならさらにおトクに!/

タイトルとURLをコピーしました