【三井住友カードTile】もう財布もクレカも無くさない。紛失防止トラッカー内蔵クレカは超便利!【レビュー】

ガジェット
スポンサーリンク
なやむ人
なやむ人

三井住友カードTileというものが出たと聞きました。

なにか普通のクレジットカードと違うのでしょうか?

どういったものなのかが知りたいです。

この記事では、そんなあなたの疑問を解決します。

この記事の内容
  • 三井住友カードTileについて
  • 三井住友カードTileの魅力
  • 三井住友カードTileの気になったところ

【この記事の信頼性】

カクタケイ
カクタケイ

こんにちは、カクタケイです。

1:ガジェットブロガー
2:新しいもの大好き
3:ミニマリズムを重視

この記事を読むと、三井住友カードTileについてわかります。

最近はコロナなどの事情もあり、クレジットカードの発行数が上がってきました。
それに伴い、紛失などのトラブルも増えているようです。

三井住友カードTileはその現状をなくすべく生まれた、世界初の「紛失防止トラッカーを内蔵したクレジットカード」です。

実際に使ってみると、全てのクレジットカードにこの機能が内蔵されてほしい思うほど、便利なものでした。

それでは、前置きもほどほどに、解説していきます。

スポンサーリンク

三井住友カードTileは、紛失防止トラッカー内蔵のクレカ

紛失防止トラッカーが内蔵された、世界初のクレジットカード

三井住友カードTileは、Bluetoothでスマホと接続して使うことを前提としているクレジットカードです。

「Tile」という紛失防止トラッカーを内蔵しており、スマホと接続が切れた場所を紛失場所として、スマホに通知する機能を持っているのが特徴です。

ちなみに、クレジットカードに紛失防止トラッカーを内蔵したのは、世界初らしいです。

0.8mmの中に、紛失防止トラッカーを実装している

横から見ても、普通のクレジットカードと同等の厚みしかない。

冷静に考えてみると、クレジットカードの厚みは約0.8mm。
その制約の中で、紛失防止トラッカーを内蔵しているんです。

  • 薄型電池
  • 充電端子
  • 薄型スピーカー
  • 小型スイッチ
  • Tile機能

内蔵されているモノは以上の通り。

これらを「クレジットカードの中に内蔵している」と考えると、驚きが隠しきれません。

特にバッテリーは、「こんなに薄い中にどうやって…?」と感じます。

三井住友カードTileのディテール:普通のクレカそのもの

ボクが所有している、三井住友カードVISAと比較しながら、三井住友カードTileを見ていきます。

スタイリッシュさなら、従来のカードの方が上回っていますね。

表面のデザインは、三井住友カードのブランドデザインをベースに、専用品になっています。

よくみると、違うチップになっています。「このカードのためにここまでやるのか…」って感じですよね。

クレジットカードのIC部分。充電端子も兼ねるよう、新設計されています。

コールセンターへの番号などを含む、無駄な文字はありません。裏面のシンプルさはTileの方が良いですね。

背面のデザインは、割と似ています。カード番号は、モザイク部分に記載されています。

「スマホの背面…?」という印象。少なくとも今まで、クレジットカードでこのマークが揃っているのは、みたことがない。

特筆すべきは、背面下部のアイコン。Bluetooth・バッテリーの表示・技適証明が記されています。

クレジットカードでは絶対に見ないアイコンがプリントされていると、不思議な気持ちになりますね。

ケーブルは短いが、充電器におさまるようにデザインされています。半年に1回ほどしか使わないのに…。

実際にカードを充電する様子。専用の充電器を使って充電します。

「なんだかとんでもない時代になったなぁ」と感じてしまいました。

三井住友カードTileの魅力:財布の紛失防止にもなるよ

  • 財布が嵩張らないまま、紛失防止対策ができる
  • 「カードからスマホ」「スマホからカード」で探せる
  • クレジットカードとしての基本機能も充実

財布がかさばらないまま、紛失防止対策ができる

左がTile、右がカード。厚さはピッタリ同じだった。

1番目の魅力は、財布がかさばらないまま、紛失防止対策ができることです。

完全にクレジットカードサイズなので、財布に入れやすいんですよね。

普通のカードサイズなので、普通に財布に入ります。分厚くて膨らんだりすることはありません。

既存のトラッカーと違い、小銭入れに入れる必要もなく、ストラップにする必要もないんです。

財布がかさばらないまま、紛失防止対策ができるのはありがたいですね。

「カードからスマホ」「スマホからカード」で探せる

2番目の魅力は、カードからスマホを、スマホからカードを探せることです。

急いでいる時に限って、何かが見つからないことってありますよね。

そんなときでも大丈夫。どちらかが手元にあれば、相互に見つけることができます。

カードからスマホを鳴らす

実はボタンになっているTileアイコン。かなりしっかりとした押し心地があるのが不思議。

カードからスマホを鳴らす場合、左下のTileマークを2回押せばOKです。

  • カードとスマホが近くにある場合 → すぐにスマホから音が鳴ります
  • カードとスマホが近くにない場合 → スマホが検知範囲内に入った時に鳴ります

市販されているトラッカーには、「トラッカー → スマホ」ができないものも多くあります。

そんな中、クレジットカードに機能を内蔵し、丁寧に作り込んでいるのは流石ですね。

スマホからカードを鳴らす(カードが近くにある場合)

スマホとカードが近くにある場合、Tileアプリから「探す」を押すと、カードが鳴ります。

Bluetoothの検知エリア内なので、木造一軒家では、大体の場所でカバーされていました。

スマホからカードを鳴らす(カードが近くにない場合)

青い点 = 現在の居場所
黒い点 = 最後に接続していた場所

スマホとカードが近くにない場合、アプリ上では最後に接続していた場所が表示されます。

実際に表示させてみると、確かに最後に接続していた場所が表示されていました。
(住所等の情報があるため、モザイク処理をかけています。実際のアプリ画面には、鮮明な地図が表示されます。)

実際にスマホからカードを鳴らしてみた(実際の音の動画)

実際にカードを鳴らしてみるとこんな感じです。

かなり大きめの音で鳴るので、財布に入ったままでも気付きます。

正直、ここまで大きい音で鳴ると思っていなかったので、初めて鳴らした時に驚いてしまいました。

クレジットカードとしての基本機能も充実

三井住友カード公式ページ

3番目の魅力は、クレジットカードとしての基本機能も充実していることです。

  • ブランド:VISA
  • ポイント還元率
    • 基本:0.5%
    • 特定のコンビニなど:最大5%
  • 電子マネー:iD・ApplePay・GooglePay・WAON・PiTaPa
  • 追加カード:iD専用カード・ETCカード
  • 旅行障害保険:最高2,000万円
  • ショッピング保証:年間100万円まで

クレジットカードの基本的な部分は網羅されており、三井住友カード直系の手厚さを感じますね。

VISAブランドなので加盟店の数も十分。これならメインカードとして利用しやすいですね。

右下に輝くVISAカード。どこでも使える安心感が良いですね。

三井住友カードTileの気になったところ:扱いに気をつけよう

  • その①:クレジットカードとしては高コスト
  • その②:扱いに気をつけないといけない

このカードの気になったところは2点あります。

その①:クレジットカードとしては高コスト

三井住友カード公式ページ

三井住友カードTileは、クレジットカードとしては、少し高コストです。

  • 年会費:1,375円(初年度無料)
  • 初回発行手数料:5,500円

たくさんのクレジットカードがありますが、やはり人気なのは「発行手数料・年会費無料」のカード。

「Tileを内蔵している独特の価値に、お金を払えるか?」というのが、このカードの価値判断に繋がりますね。

ちなみに、クレジットカードと近いサイズの「Tile Slim(2022)」の価格は4,000円ちょっとです。
発行手数料は、実質「Tile代金」といったところですね。

その②:扱いに気をつけないといけない

「折り曲げ注意」と、取扱説明書の最初の部分に、しっかりと記載されている。

三井住友カードTileは、バッテリーが内蔵されているので、通常のクレジットカードより扱いがシビアです。

  • 2mm以上折り曲げない
  • ATMや券売機など、カード搬送機構を持つ機器にカードを入れない
  • 高温多湿の環境に放置しない
  • 数ヶ月に1回は充電が必要

とはいえ、普通に使っていればそこまで気にならない印象ですね。

数日持ち運んで気になったのは過度な折り曲げですが、財布からの取り出し時に注意すれば大丈夫そうです。

まとめ:クレジットカードの未来がここにある

今回は三井住友カードTileの紹介でした。

クレジットカードに紛失防止トラッカーを内蔵したこの製品。
三井住友カードTileは「クレジットカードの新しい一歩」だと感じます。

この製品の開発過程で培ったバッテリーなどの技術を転用すれば、今まで作れなかったような製品も作れるでしょう。

久々に「未来を感じられる素敵な製品だな」と感じました。

この記事を読んだあなたには、こちらもオススメ

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんにちは、けいたろー通信の運営者のカクタケイです。
このブログは、『にほんブログ村』に参加しています。
もし記事が良かったなと思ったら、下の『ブログ村ランキング』に投票して頂けると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました