Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

Dell Inspiron 13(5330)レビュー:実用的なノートとしては最高レベル。だけど初心者にはオススメしづらい。

4.0
Dell Inspiron 13(5330) PC環境

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

普段はMacユーザーなのですが、会社での業務にはWindowsマシンが必要。

今までは以前から使っていたSurface Laptop Goを使って仕事をしていましたが、性能が低いこともあってイマイチ使い勝手が悪く、使っていてじわじわとストレスが溜まる状況でした。

カクタケイ
カクタケイ

会計ソフトとブラウザを立ち上げるだけでファンは離陸するような勢いで唸るし、メモリは足りないし…

仕事で使うものは効率に直結するので、できれば性能が高いものを使うほうが吉。

と言うことで色々探したところ、Dell Inspiron 13(5330)が良さそうだったので導入することにしました。

購入して1ヶ月ほど経ちますが、思うこともありつつも気に入って使っています。

そこで今回は、Dell Insipiron 13(5330)を使っていて感じたことを率直に話していきます。

カクタケイ
カクタケイ

「不満を感じない」という最大公約数を狙った ツールとしてのパソコンだと感じました。

製品評価
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

【Dell Inspiron 13(5330)】のレビュー

  • 実用的なスペックは担保されている
  • 低品質さを感じないディスプレイ
  • バッテリーは軽作業で6時間ほど
  • ポートは豊富に用意
  • 高品質さを感じる質感
  • ちょっとしたトラブルがある場合も
デル株式会社

Dell Inspiron 13(5330)のスペック・仕様

具体的に紹介する前に、ボクが購入したDell Inspiron 13(5330)のスペックを紹介します。

【Dell Inspiron 13(5330)】の特徴

  • i5-1340P&メモリ16GBで快適な動作
  • 13インチ1.3kgと持ち運びもラク
  • セール時なら10万円切りの激安価格
商品名Dell Inspiron 13(5330)
CPUIntel Core i5-1340P
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ13.3インチ 16:10(2560×1600) sRGB 99%
サイズ厚み:14.35 mm~15.65 mm 幅:296.68 mm 奥行き:213.50 mm
重さ1.24kg
キーボードJIS配列
購入価格95,000円 参考定価:127,000円
発売日2023年1月31日
出典:Dell公式サイト【Inspiron 13(5330)】

今回選んだDell Inspiron 13(5330)はCPUがi5-1340Pのもので、他にi7-1360Pというよりハイスペックなものも用意されています。

i5-1340Pは最新世代のミドルクラスのCPUですが、前世代の上位のCPUと近い性能をしており、コストパフォーマンスにより優れているのが特徴です。メモリも16GBと不足なし。

カクタケイ
カクタケイ

i5-1340Pでも今まで使っていたSurface Laptop Goの2倍以上の性能なんです。明らかに十分なレベル。

ディスプレイはノートパソコンの中では平均的な13インチですが、解像度は2560×1600と平均以上のものを採用。近づいても荒さを感じにくいのがメリットです。

重さは1.24kgと、アルミやプラスチックを活用しながら13インチクラスのノートパソコンにしては軽めの部類に仕上げられています。

総じてスペック上は欠点のなさが目立つノートパソコンだと感じますが、驚くべきはその価格。セール時に購入したこともあり、最新のパソコンが10万円以下で購入できてしまいました。

購入時に比較した4機種

Windowsノートパソコンを購入するにあたって、比較検討していた4機種を比較してみます。

比較検討していた4機種

  • Dell Inspiron 13(5330)
  • Dell XPS 13 Plus
  • Microsoft Surface Laptop 5
  • Microsoft Surface Laptop 4
商品名Dell
Inspiron 13(5330)
Dell
XPS 13 Plus
Microsoft
Surface Laptop 5
Microsoft
Surface Laptop 4
CPUi5-1340P 第13世代i5-1340P 第13世代i7-1255U 第12世代i5-1135G7 第11世代
メモリ16GB16GB16GB16GB
ストレージ512GB512GB512GB512GB
ディスプレイ13.3インチ
16:10
2560×1600
13.3インチ
16:10
1920×1200
13.5インチ
3:2
2256×1504
13.5インチ
3:2
2256×1504
ポートUSB-C×2
USB-A×1
HDMI
3.5mmオーディオ
USB-C×2USB-C×1
USB-A×1
3.5mmオーディオ
USB-C×1
USB-A×1
3.5mmオーディオ
価格(定価)約12万円約26万円約25万円約15万円
出典:各社公式サイト(黒太字が優れているところ、赤太字が劣っているところ)

※上記スペックは購入検討していたものであり、どの機種も他CPUやストレージサイズを選択できます。あくまで一例です。

上記4機種を比較していましたが、性能対価格なら圧倒的にDell Inspiron 13(5330)、見栄えも性能もとるならDELL XPS 13 Plusが有力な選択肢でした。

デザインが好みなMicrosoft Surface Laptopシリーズも魅力的でしたが、搭載されているCPUが少し古く、かつ低電圧型のスペックの低いものだったのがネックに。

カクタケイ
カクタケイ

Surfaceはデザインだけなら圧倒的に好きなんですけど、性能と価格の折り合いがつかない……

Dell Inspiron 13(5330)かDell XPS 13 Plusのどちらかを選ぶことになりましたが、機器についているポートがDell Inspiron 13(5330)のほうが豊富だったのが追い風に。

結果的に仕事用のツールと割り切って使うため、Dell Inspiron 13(5330)を選択。

同社のフラッグシップマシンのDell XPS 13 Plusと近い性能のマシンが半額以下の価格で手に入るのはお買い得感がありますね。

カクタケイ
カクタケイ

普及帯の製品だけあり、必要十分な性能とコストを両立したパソコンだと言えますね。

デル株式会社

Dell Inspiron 13(5330)の外観・デザイン

さっそくDell Inspiron 13(5330)を開封していきます。

到着したのは無地の段ボール。「開封したらMacBookみたいな箱が入ってるんだろうな」と思いながら開封してみると……

なんと商品パッケージを兼ねた梱包になっていました。

開けた瞬間には驚いてしまったんですが、エコの観点からみると無駄のないパッケージングだと感心。

ちなみにACアダプタなどもそのままIN。パッケージ全体を確認してみても、なにひとつプラスチックを使っていませんでした。

ACアダプタや簡易的な説明書を取り出し。これだけだとACアダプタは小さく見えるんですが……

iPhone 14 Proと比べてみると、その大きさにびっくり。出力もすごいのかと思えば、65Wと一般的でした。

本体への給電はUSB-Cを採用。専用端子でないのだけは褒められるポイントです。

カクタケイ
カクタケイ

1時間で最大80%充電できるExpressCharge(急速充電)にも対応しています。

Dell Inspiron 13(5330)本体を取り出し。天板はシンプルなシルバーのアルミ製。

中央にはメッキ部品でDellのロゴが入っていました。

裏返してみると、裏は表面とちがってゴチャっとした印象。

吸気用のスリットが左から右までびっしりとレイアウトされており、冷却に関しては心配なさそうです。排気用のスリットはヒンジ部分に隠されていました。

横から見るとエッジ部分で薄く見えるデザインを採用。

全体の厚みは約14~16mmほどとそこまで薄くはないんですが、数字以上に薄く見えてスッキリした印象です。

13インチクラスということもあり持ち運びは容易。

約1.3kgと軽めの重量なこともあり、外出先はもちろん、宅内でもサッと持って移動できる自由さが魅力的。

ディスプレイを開くところには引っ掛かりなどはありませんが、斜めにカットされているのでどこでも指をひっかけて開閉できるようになっています。

ディスプレイを開くとチルトアップヒンジで奥側が持ち上がる仕様。ごくわずかですがキーボードに傾斜がつくのでタイピングしやすくなりますね。

開閉角度は最大135°でストップ。自分だけが使うなら十分な角度ですが、向かい側にいる相手に共有したい時にはすこしだけ不便かも。

とはいえ、膝において使う際にもみやすい角度となっており、使っていて不自由さを感じることはなし。

電車や移動中の車内など、さまざまなシーンで活躍してくれますね。

ディスプレイの表面はアンチグレアになっています。

上の写真は明るさを持ち上げていますが、それでも映り込みはほとんどありません。

ディスプレイ上部にはFHD解像度のインカメラを搭載。

プライバシーシャッターも搭載されているので、不要な場合はシャッターを閉じておけば見られている不安もなく安心して使えるようになります。

キーボードは一般的なJIS配列を採用。筐体の端から端までキーボードがレイアウトされているため、最大限余裕があってGood。

一部スペースキーやエンターキー付近などは隣とくっついているタイプですが、1ヶ月ほど使っていても誤操作はなく、普通に使える部類だと感じています。

キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.5mmとノートパソコンにしては余裕があります。

打鍵感は薄型ですがしっかりと重さがあり、安定したタイピングが可能。タイプ音もそこまで大きくないので自宅リビングなどでも気兼ねなく使えます。

キーボードはバックライト付きなので、雰囲気の良いカフェなどでも使いやすいのが嬉しいところ。

もちろんバッテリー寿命を考慮して、オフにして使うこともできます。