Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

【カランダッシュエクリドール】エレガントなデザインと実用性を兼ね備えたオンリーワンの筆記具

仕事・生活

こんにちは、文房具が大好きなカクタケイ(@kakutakei)です。

ボクは万年筆が好きなのですが、それ以外の筆記具はあまり食指が動かないことが多いです。

特にボールペンやシャープペンは、万年筆で全てをこなしてしまうとあまり使い道がないので、スルーする確率が高いんです。

そんな中、唯一興味を持ったのが、カランダッシュ エクリドールです。

鉛筆を模したデザイン。高級時計のような精緻な軸の彫刻。コンパクトながらもズシリと重みのある重量。

他の高級筆記具のなかにはあまりみられない特徴がズラリとあり、とてもユニークな筆記具だなと感じたことから、気づいたらその魅力にのめり込んでいきました。

今回はエクリドールを使っていて感じた魅力について、紹介します。

カクタケイ
カクタケイ

エクリドールは、デザインから想像し難いような、実用的な筆記具でもあるところに惹かれました。

エクリドールを使っていて感じたこと

  • 細身でエレガントなデザインが美しい
  • 精度が高い安定した書き心地
  • ボールペンの滑らかさは随一
  • シャープペンシルは0.7mmが基本なので使いにくい
カランダッシュ(Caran d'Ache)
¥16,230 (2022/06/15 22:36時点 | Amazon調べ)
カランダッシュ(Caran d'Ache)
¥10,980 (2022/06/15 22:36時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

カランダッシュ エクリドールとは

エクリドールは、スイス カランダッシュが販売する高級筆記具。

鉛筆を模したシャープなデザインが魅力で、1953年に誕生して以来、大きくカタチを変えることなくあり続けている製品です。

1953年にボールペンが加わり誕生したコレクション。美しくシャープな六角形のフォルムを今日まで守り続けており、信頼できるパートナーとして世界中に愛されてきました。

カランダッシュ 公式サイトより引用

一見して装飾アイテムのようにも見える、繊細なデザインが施されたエクリドールですが、筆記具としても使いやすいように作られているんです。

中でも油性ボールペンの書き心地は、他にはない独特の滑らかさがあり、今まで油性を好んでいなかった人でも使いやすいと感じられるクオリティです。

カクタケイ
カクタケイ

スイスといえば時計産業が有名。そこで培った金属加工技術を筆記具に転用しているので、精緻な装飾を施せるんですね。

カランダッシュとは

カランダッシュ スイス本国 公式サイトより引用

カランダッシュは、スイス ジュネーブの筆記具メーカーです。

1915年から鉛筆の製造をおこなっている会社で、当時から現在に至るほとんどの製品を、スイス ジュネーブにある自社工場で製造しています。

カクタケイ
カクタケイ

現在は、比較的ハイグレードの製品が多くラインナップされている筆記具メーカーです。

カランダッシュに似たような会社として、先日紹介したパーフェクトペンシルを作っている、ドイツ ファーバーカステル社があります。

カランダッシュ エクリドール フォトレビュー

それでは実際に、エクリドールを見ていきましょう。

シャープペンシルとボールペンの2本を所有しているので、どちらも紹介します。

エクリドールの六角形の軸は、高級筆記具にしては細く短めです。

軸には丁寧にパラジウムコートがかけられてあり、さらに精緻な模様が彫られているので、初めて見た時には華奢な印象すら与えてくれます。

しかし、軸は真鍮で作られているので、実際に手に持ってみるとズシリと重い、そんなギャップがあります。

カクタケイ
カクタケイ

初めて持った時は、高級感がすごいなぁと感心してしまいました。

冒頭でも触れた通り、エクリドールは鉛筆を模したデザインになっています。

なので形状の六角形のみならず、その太さまでも鉛筆と似ています。

実際にエクリドールを鉛筆と一緒に並べてみると、長さ以外が非常に似通っていることに気づきますね。

カクタケイ
カクタケイ

ちなみにエクリドールの長さは、少し使って持ちやすくなった鉛筆を参考にしているんです。

2本ともエクリドール シェブロンと呼ばれる製品で、軸にはシェブロン模様が表現されているものです。

シェブロン模様とは「ジグザグ型の縞模様」のことで、エクリドールでは多面体と縦溝を使って表現しています。

クリップは軸に合わせたコンパクトサイズですが、立体的に加工してあり、全体の雰囲気にマッチしています。

上半分は凛とした雰囲気を感じさせてくれるシャープな形状ながらも、クリップ先端には丸みがあり反り返っているのがキレイですね。

飾りではなく、しっかりクリップとして使える強力なホールド力もあるので、実際にワイシャツのポケットなどに挿しても良さそうです。

キャップトップにはカランダッシュのロゴが、側面にもカランダッシュのロゴとSWISS MADEの刻印が施されています。

どちらもプリントなどではなくレーザー刻印なので、経年劣化で無くなってしまうことはありません。

エクリドールは、ボールペン・シャープペンシル共にノック式になっています。

高級筆記具の場合は、ノック音などが出ないようにツイスト式が採用されることが多いので、ノック式は少し珍しいと感じます。

ただ、ノックした際に「シュコッ」と静かな音になるように工夫されており、会議中などでも気にせず使えるようになっています。

ペン先付近は、鉛筆のように緩やかな角度でペン先に向かっています。

この角度にはボールペンもシャープペンシルも違いはありませんが、シャープペンシルのみ口金がペン先から常に飛び出ているので、より一体感がありますね。

エクリドールのペン先付近はほぼストレート形状なので、形状やメッキの品質が不安定だと目立ってしまいます。

ですが、じっくりと眺めてみても形状の歪みやメッキの不完全さは見受けられず、非の打ち所がないクオリティで仕上げられているなと感じました。

カクタケイ
カクタケイ

「神は細部に宿る」と言いますが、エクリドールはしっかりそれを体現していますね。

カランダッシュ(Caran d'Ache)
¥16,230 (2022/06/15 22:36時点 | Amazon調べ)

カランダッシュ エクリドールを使っていて感じたこと

エクリドールを実際に使っていて感じたことを紹介します。

  • 細身でエレガントなデザインが美しい
  • 精度が高い安定した書き心地
  • ボールペンの滑らかさは随一
  • シャープペンシルは0.7mmが基本なので使いにくい

細身でエレガントなデザインが美しい

エクリドールは、細身でエレガントなデザインが魅力の筆記具。

表面のパラジウムコーティングはとても分厚く、軸に施されたデザインの繊細さが組み合わさることで、なんとも言えないエレガンスを感じさせてくれるんです。

カクタケイ
カクタケイ

どんな場所で、どんなタイミングで使っても恥ずかしくないデザインだなと感じます。

ただ、少しばかり欠点もあり、その細さゆえに少し持ちにくいんです。

シャープペンシルやボールペンは筆圧が必要な筆記具なので、少し力が入って汗ばんだときなどに滑りやすくなってしまうんです。

模様にもよりますが、エクリドールの模様の彫刻は浅めなので、グリップ力もあまりないのが実情です。

これを回避するためには、少し立て気味にして、筆圧をかけないようにするのがポイント。

後述しますが、カランダッシュのボールペンは非常に滑らかなので、あまり筆圧をかけずともサラサラと書けるんです。

シャープペンシルの場合は、2Bなどの柔らかめの芯を用いて、エクリドールの重さに任せて書くのがオススメです。

カクタケイ
カクタケイ

うまく重さを活かして書くと、美しさと使いやすさを兼ね備えた筆記具に変身します。

精度が高い安定した書き心地

エクリドールは部品点数が少なさとその精度の高さから、安定した書き心地になっています。

軸はワンボディで継ぎ目すらなく、強度が出るように分厚い金属で作られているので、筆記中にたわむなんてことはありません。

天冠を外して軸の中を見てみると、内部も外の六角形と合わせることで、肉厚な構造にしてあるのが確認できますね。

ペン先も精密で、ボールペンでは0.1mmほどのスキマしか見られず、シャープペンシルではスキマがほぼありません。

こういった工業製品でスキマを減らすのは簡単ではなく、丁寧にコストをかけて精度を高めることでやっとできるようになります。

これらの特徴から、ペン全体がカッチリとした作りになっているので、ストレスのない書き心地に仕上がっているんです。

エクリドールは美しく繊細なデザインの筆記具ですが、しっかりと実用できるように考えられた筆記具なんですね。