Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

【オメガスウォッチPLUTO】話題のコラボ時計を実機レビュー!購入方法も紹介

仕事・生活

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

2022年3月に発表されてニュースにもなった前代未聞のコラボ時計、オメガスウォッチをついに購入しました。

ずっと欲しかったものの、当初の過熱具合から先延ばしにしていただけあり、買えた時の感動はひとしお。

毎日喜んで使っていますが、人気になる理由もわかる完成度の高さが魅力の時計でした。

今回はオメガスウォッチについて、実際にボクが購入した際の情報や実機レビューを交えて紹介していきます。

オメガスウォッチを使ってみて感じたこと

  • オメガのネームを使うだけあって、クオリティが高い
  • 気軽に着けられるコスパとオシャレさの両立
  • 時計としては普通だが実用性は十分
スポンサーリンク

オメガスウォッチとは

通称オメガスウォッチと呼ばれている、スウォッチ(Swatch)とオメガ(OMEGA)のコラボ時計

正式名称は「BIOCERAMIC MOONSWATCH COLLECTION(バイオセラミック ムーンスウォッチ コレクション)」という名前です。

MOONWATCH(ムーンウォッチ)とも呼ばれているOMEGA Speedmaster(オメガ スピードマスター)のデザインを模しており、定価33,550円とお手頃価格ながらも高クオリティなのが特徴です。

オメガ プレスルームより引用
カクタケイ
カクタケイ

スウォッチとオメガは、同じスウォッチグループの関連企業。だからこんな贅沢なコラボができるんですね。

正式名称の通り、ケースにはバイオセラミックという独自の素材を用いており、今までのスウォッチのカジュアルさとは一線を画した質感になっています。

頑丈なのに、ソフトな手触り。BIOCERAMICはヒマシ油を原料にしたバイオソースマテリアルにセラミックを組み合わせたハイブリッド構成です。見た目だけでなく、肌ざわりもとてもいい時計です。

Swatch「BIOCERAMIC」より引用

オメガスウォッチのラインナップ

オメガスウォッチには全11種類のラインナップがあり、どれも太陽系の惑星・準惑星・衛星をモチーフとし、カラーリングや細部のデザインを作り込んであります。

基本的には配色の違いですが、一部のモデルはダイアルなどのデザインまで変更されています。

  • VENUS:ベゼルが2色・サブダイアルに装飾
  • MARS:サブダイアルの針が専用品
  • JUPITER:下のサブダイアルの針が別色
  • SATURN:下のサブダイアルが土星デザイン

オメガスウォッチの共通仕様

オメガスウォッチは外観こそ特別ですが、中身は他のスウォッチと同様のクオーツムーブメントを搭載しています。

最低限の防水性もあることから、日常使いの腕時計にピッタリです。

ムーブメントクオーツ
防水性3気圧防水
ストラップの素材ベルクロ(面ファスナー)
ケースの素材バイオセラミック
重量30g
SWATCH「MISSION TO PLUTO」より引用

重量の記載はありませんでしたが、実物で測ってみると、30gしかありませんでした。

スポンサーリンク

オメガスウォッチの購入についてわかったこと

  • この項目の情報は2022年7月17日時点、スウォッチストア渋谷店の店員の方から伺ったものです。
  • 情報は渋谷・原宿・心斎橋などの各店舗において、一部異なる場合があります。
  • 正確な情報については、実店舗にて直接話を伺うことを推奨いたします。

オメガスウォッチの購入方法は、スウォッチストア渋谷・原宿・心斎橋での店頭販売のみ。(2022年7月25日現在)

オンラインなどでの販売は一切行われておりません。

スウォッチストアへのお越しをお待ちしております。なお、公式オンラインストアでの取り扱いはございません。

SWATCH「Swatch X Omega to the Planets with the BIOCERAMIC MOONSWATCH Collection」より引用
カクタケイ
カクタケイ

SNS広告などで通信販売サイトなどが表示されることがありますが、詐欺および偽物なので、購入しないように注意してください。

今回の購入時、スウォッチストア渋谷店の店員の方から、店頭販売の方法について伺ったので、その情報をご紹介します。

  • 店頭での販売について
    • 1日に1〜2回、時刻未定で入荷し、随時販売する
    • どのモデルが入荷するかはわからない
    • 全然入荷しないモデルもある
  • 購入について
    • 購入履歴が残り、どれか1種類でも購入するとしばらく買えない
    • レシートや保証書の記名がない場合、保証が受けられない可能性あり

店頭での販売について

1日に1〜2回、時刻未定で入荷し、随時販売する

  • 12時ごろ〜18時ごろの間で販売することが多い。
  • ボクが購入した7月17日は、12時ごろと17時ごろに販売された。
  • 急に販売が始まり、周囲への声かけなどはありません。
  • 販売が開始されるとスウォッチストアの前に列ができはじめるので、察して並びましょう。

11モデル中、どのモデルが入荷するかは不明

  • 1回に入荷するのは、2〜3モデルのみ。
  • 合計30〜50個ほど入荷する。
  • 7月17日の17時ごろの販売では、PLUTO・VENUS・EARTHの3種類のみ入荷した。

全然入荷しないモデルもある

  • 黒系2種類(MOONとMERCURY)は、入荷する個数が少なく、販売開始直後になくなることがある。
  • NEPTUNEは、販売開始当初に色移りなどの不具合があり、現在は生産が停止されている可能性が高い。(しばらくの間、全く入荷していない。)

購入について

購入履歴が残り、どれか1種類での購入するとしばらく買えない

  • 購入時に身分証の提示が必要です。
  • ボクの前にいた方は購入履歴があったため、レジでお断りされていました。
  • 今回PLUTOを購入したことで、他のSUNやEARTHなどもしばらく購入できなくなりました。

保証書にレシートの添付や記名がない場合、補償が受けられない可能性がある

  • 購入時、保証書にはスウォッチストアの店員の方に名前を記入されます。
  • 保証書の記名を意図的に消した場合も、保証は受けられない可能性あり。
カクタケイ
カクタケイ

ずっと欲しかったPLUTOが購入できたのは、相当ラッキーだったのかもしれません。

スポンサーリンク

オメガスウォッチの外観

今回購入したのは、MISSION TO PLUTO(冥王星)

箱なども特別な仕立てになっていたので、開封するところから紹介します。

箱はオメガスウォッチ専用の仕立てです。

スウォッチではプラスチックのパッケージを用いることが多いですが、オメガスウォッチは紙で作られています。

側面などにはモチーフとしている星の情報などが記されており、芸の細かさを感じますね。

スライド式のパッケージを出して開くと、時計らしく中央にオメガスウォッチが収められていました。

内容物は時計本体・コレクションのリーフレット・説明書・保証書と、とてもシンプルです。

オメガスウォッチ MISSION TO PLUTOを取り出しました。

モチーフとなった冥王星のカラーリングを再現しており、グレーホワイトを基調とし、アクセントとしてバーガンディを差しています。

文字盤右側のMOONSWATCHの「S」までバーガンディにしてあり、細部までこだわっているのを感じます。

ケースに使っているバイオセラミックには光沢感がほとんどなく、きめ細かく粉っぽいようなマット調の質感になっています。

従来のプラスチックより耐久性が高く頑丈なのにも関わらず、触ってみると滑らかでどこか柔らかさのある不思議な素材です。

背面は至ってシンプル。

電池カバーが冥王星の模様になっており、装着してしまえば絶対に見えないところにまで丁寧にデザインされています。

また、さりげなく「DREAM BIG・FLY HIGHER・EXPLORE THE UNIVERSE・REACH FOR THE PLANETS・ENJOY THE MISSION」と刻印されているのも嬉しいポイントです。

各BIOCERAMIC MOONSWATCHのケースバックには、ミッションのテキストがプリントされていて、インスピレーションを与えてくれる言葉「大きな夢を抱き、空高く飛び、宇宙を探索、惑星へ旅をしよう」が記されています。

SWATCH「Swatch X Omega to the Planets with the BIOCERAMIC MOONSWATCH Collection」より引用

バンドには大きくSpeedmasterのロゴがプリントされていました。

装着すると手の内側に来るので、これ見よがしなアピールにならずに所有欲を満たしてくれますね。