Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

FlexiSpot C7 Air レビュー:機能に全振りしたコスパ最高のオフィスチェア

4.0
デスク・ルーム環境

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

昨今、会社と仕事のあり方がじわじわと変わってきており、自宅での仕事・作業時間が増えた人も多いですよね。

自宅での仕事・作業はごく短期間だけならリビングでノートパソコンを広げれば良いですが、1ヶ月・1年のほとんどとなると、必然的にデスクやチェアなどの作業環境を作る必要がでてきます。

カクタケイ
カクタケイ

整っていない環境では体に負担がかかり続け、結果的に肩や腰を痛めることになってしまいます。

いざオフィスチェアを買おうとすると、驚くのはその価格。「会社で使っていたイスが10万円!?」といった衝撃とともに「流石にその金額はキツい……」と感じてしまうことも多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのがFlexiSpotフレキシスポット C7 Air

3万円台の低価格ですが、10万円越えの高級オフィスチェアについている可動式ランバーサポート、4Dアームレスト、座面前後調整や座面の前傾などの機能がほぼすべて搭載されているんです。

座面もウレタンかメッシュの好きな方を選択できるので、自分の体・好みにあわせてバッチリ体に合わせることができて、もう最高。まさかこの価格でバッチリ体にフィットするチェアが手に入るようになるとは思ってもいませんでした

カクタケイ
カクタケイ

ただし褒めるだけでなく欠点もあるので、記事内でしっかり紹介します。

総評としては「3万円の低価格帯ながらも、機能に全振りしていてコスパの良いオフィスチェア」という感じです。

この記事ではFlexiSpot C7 Airの特徴や使用感について、実際につかった感想を交えてレビューしていきます。

FlexiSpot C7 Airの特徴
  • 約10個の機能でしっかりとフィット、体の負担を減らす
  • メッシュ座面で通気性抜群、長時間使用でもラク
    • ウレタン座面の兄弟機種もアリ(FlexiSpot C7)
  • フル機能なのに3万円台の超コスパ
  • 3年保証で安心して使える
  • 安心の公式サイト
  • 送料無料(一部地域除く)
  • 組み立て代行オプションあり
FLEXISPOT
¥39,800 (2024/01/23 10:35時点 | Amazon調べ)

この記事はFlexiSpot様に製品を提供いただき作成していますが、記事内容に関しての指示はなく、筆者が感じたことを率直にお伝えしていることを約束いたします。

スポンサーリンク

FlexiSpot C7 Airの特徴・仕様

FlexiSpot C7 Airは電動昇降デスクを手掛けるFlexiSpotから発売されている高機能低価格なオフィスチェア

FlexiSpot C7 Airの特徴
  • 約10個の機能でしっかりとフィット、体の負担を減らす
  • メッシュ座面で通気性抜群、長時間使用でもラク
    • ウレタン座面の兄弟機種もアリ(FlexiSpot C7)
  • フル機能なのに3万円台の超コスパ
  • 3年保証で安心して使える

多機能オフィスチェアの中では低価格な3万円台ながらもほぼほぼフル機能を実現しており、1人1人の体にバッチリ合わせて使えるフレキシビリティの高さが魅力です。

今回紹介するC7 Airはメッシュ座面のモデルで、兄弟機種としてウレタン座面のC7が用意されています。

商品名FlexiSpot C7 Air
寸法高さ:1,195〜1,345mm
幅:660〜700mm(キャスターを除く)
奥行き:660〜720mm(キャスターを除く)
重量21.6kg
耐荷重130kg
材質樹脂フレーム
メッシュ生地(座面・バックレスト)
機能90°〜128°リクライニング
2Dヘッドレスト
4Dアームレスト
可動式ランバーサポート
背面一体ロッキング
47.5〜56cm昇降
座面前後スライド
座面前傾調整
静音キャスター(360°駆動)
メッシュバックレスト
ラインナップブラック・メッシュ座面
※ブラック・ウレタン座面の兄弟機種(FlexiSpot C7)もあり
価格39,800円
保証期間3年
公式サイト
出典:FlexiSpot公式サイト【C7/C7 Air】

↑目次に戻る

FlexiSpot C7 Airのレビュー

FlexiSpot C7 Airをレビューしていきます。

FlexiSpot C7 Airの組み立て:大変なところもあるが1人で組み立て可能

奥にある棚の幅は約90cm。C7 Airの梱包は成人男性でもデカく重く感じるもの。梱包重量は25kgオーバーだ。

さっそくですが、FlexiSpot C7 Airの組み立ては難しくないものの、一部大変なところがあります。ただしトータルでいえば簡単な部類です。

本体重量21.6kg、梱包重量25.5kgとかなりヘビー級なので、なんといっても重量が重い。オフィスチェアは「重さ=安定」なので、ある程度はしょうがないところですね。

カクタケイ
カクタケイ

パッケージには「TEAM LIFT」の文字が。1人で運ぶこともできますが、かなり重いので1Fから2Fに上げるのは大変でした。

部品はキャスターを除いて8個、ネジはたったの14本。

その反面、部品点数はキャスターを除いて8個、付属の六角レンチ1本、ネジはたったの14本で組み立てられるシンプルな構成。

説明書は図解されているので、ゆっくりと組み立てていけば老若男女問わず行えるやさしさです。

カクタケイ
カクタケイ

付属の六角レンチをくるくる回すだけなので、電動工具などがなくても意外とラクです。

背もたれの根本にある3本のねじを締めるだけなんだが、床置きだとネジ穴が傾いてしまって締めづらい

気になったのは座面と背もたれを組み合わせる時。ベッドの上に持ち上げてねじ止めしましたが、「重い+不安定」だったのですこし大変でした。

カクタケイ
カクタケイ

最初は床置きでチャレンジしましたが、ベッドなどに持ち上げて組み立てたほうがスムーズでした。

この状態では六角レンチがほぼ入らないので、手でギリギリまで締めてから六角レンチを使った

他にも操作レバーの下にねじ止めするところもあり、六角レンチがギリギリ入るレベルなのでできる限り手で回すことになったりも。

もし組み立てるのに不安がある場合、公式サイトの現地組み立てサービス(+6,600円)を頼むのもアリ。ゆっくりやって1時間ほどで組み立てられるものの、力や腰に不安がある場合はお願いしたほうがよさそうです。

説明書が正しくない場合も

現在はオンライン上にある説明書が修正されているため、同封のものも修正されている可能性があります

これは既に改善されているはずですが、説明書に記載されている文言とパッケージ内容が異なったため、組み立て時には頭を悩ませる場所がありました。

販売当初からしばらくの間はこの状態だったらしく、公式サイトのレビューでは「組み立て説明書が正しくない」という話がたくさん確認できます。

現在は公式サイトに掲載されている取扱説明書が修正されていたのでパッケージ内の説明書も変更されてそうですが、念のため手持ちのスマホなどで公式サイトの説明書を開くのがよさそうです。

カクタケイ
カクタケイ

とはいえ、今届いたパッケージでも古い説明書だったので、まだ直ってないかも。これから買う人は、公式サイトの説明書を要確認です。

↑目次に戻る

FlexiSpot C7 Airの外観:オールブラックでカッコイイ

FlexiSpot C7 Airのカラーリングはオールブラックとも言えるもの。見える部分のほとんどは真っ黒です。

フレームは樹脂製で艶消しのザラザラ加工が施されており、ほかの家具にぶつかって傷がついても目立ちにくくなっていました。長期間使い続けてもそこまで劣化を感じずに使えそうです。

フレームは太めですが大きめのテーパー加工などが加えられており、見た目はわりとスッキリ。見せ方がうまくて関心。

ロゴなどの最小限のみシルバーやブルーが入れられているだけなので、黒系・ナチュラル系インテリアに合わせやすい仕上がり。

メッシュも目が細かいものがピンと張られており、高品質な印象です。たわんだりよれたりなんてことは全くありません。

ロゴは座面と背面にさりげなく。座面のロゴはブランドカラーの青で文字が入れられています。

背面のロゴはシルバーに黒字。ほとんど目立ちませんが、気になる人は黒のマスキングテープなどで隠してしまってもいいかもしれません。

カクタケイ
カクタケイ

ヘッドレストまであるタイプのオフィスチェアなので、すこし存在感は強めです。メッシュで透けているので、軽い印象ではありますが。

↑目次に戻る

FlexiSpot C7 Airの機能:体にバッチリフィットさせられる

FlexiSpot C7 Airの機能を1つずつ紹介していきます。

47.5~56cmの座面高

座面高は47.5~56cmの間で調整できます。

一般的なオフィスチェア同様のガス圧式で、音もなくスムーズに上下昇降してくれました。耐久性も高そうです。

90°〜128°リクライニング

リクライニング角度は90°~128°の間で調整可能。もちろん強度も調整できるので、自身の好みや使い方に合わせられます。動きもなめらかなので、リラックス時にも快適でいい感じです。

座面下 左前にあるレバーでロック解除・3段階での固定が、座面下 右前にあるレバーにある回転式のノブでリクライニングの強度が調整できます。

カクタケイ
カクタケイ

リクライニング時にはアームレストや座面も合わせて動く、シンクロロッキング機能が搭載されていて快適です。

可動式ランバーサポート

可変式のランバーサポートは自由・固定の2段階で調整可能。背もたれ右手裏側にあるレバーで操作します。

自由状態では背もたれに寄りかかると合わせて動き、反発力ある状態で腰を支えてくれます。おかげで腰の負担が減り、長時間座ったあとでも体がラクです。

固定状態では最も背もたれに近い状態で固定されるため、張られたナイロンメッシュの強度のみで腰を支えてくれます。

カクタケイ
カクタケイ

個人的には固定状態が好み。反力が強めなので、固定でも十分しっかり支えてくれます。

2Dヘッドレスト

2Dヘッドレストは上下の高さと角度の調整が可能。上下はカチカチと段階的に、角度はなめらかに動いて調整できます。

角度調整は思いのほか柔らかく、頭をもたれかからせると角度が変わってしまう場合があるので、基本的には高さで合わせたほうがよさそうでした。

外した場合でもまったく邪魔にならない&危なくないので安心

もしヘッドレストが不要の場合はそもそも取り付けないのもアリかも。個人的にはヘッドレストなしが好きなので外してしまいました。

4Dアームレスト

アームレストは高さ・幅・前後・開き具合の4通りの調整ができるようになっています。高さのみアームレスト下のレバーを押しながらし、それ以外の動作は直接アームレスト部分を動かして調整できます。

無段階で自由に調整できるので、体格・姿勢にあわせた最適なポジションに合わせられてよかったです。

ちなみにアームレスト上部は体重をかければへこむくらいの硬めなウレタン製。腕を置いたときに痛くならず、自然と支えてくれます。

座面前後スライド