Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

BenQ LaptopBar レビュー:ノートパソコン使用時の目の負担を減らせるモニターライト

4.5
デスク・ルーム環境

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

在宅ワークなどが普及してきている昨今、以前にもまして私用や会社支給のノートパソコンを使って作業することが増えましたよね。

ただ、ノートパソコンはいつでもどこでも気軽に使えて便利な反面、作業環境としては周囲の明るさに依存していて使いづらさを感じることもしばしば……。

カクタケイ
カクタケイ

特に目の疲労度がすごい……作業後は目がしょぼしょぼします……。

そんな悩みを解決するのに最適なアイテムが、BenQベンキュー LaptopBarラップトップバー。ノートパソコン用のモニターライトです。

従来のモニターライトは外部モニターの上にひっかけて使うものでしたが、これはノートパソコンにマグネットで固定して使うタイプの製品。

バッテリーを内蔵していてケーブルレスで使えるため、暗く感じたときだけサッと取り出して使える身軽さが魅力的なんです。

自宅でも外出先でも快適な作業環境を構築できるので、ノートパソコンのヘビーユーザーには特にオススメのアイテムです。

この記事ではBenQ LaptopBarの特徴や使用感について、詳しくレビューしていきます。

BenQ LaptopBarの特徴
  • ノートパソコンの周囲を満遍なく明るく照らす
  • 明るさや照度を自由に調節できる
  • バッテリー持続時間は50%の照度で3時間弱
  • マグネットでサッと取り付けて使える手軽さ
  • デザイン賞を2つ受賞したミニマルなデザイン
¥18,900 (2024/02/11 13:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この記事はBenQ様に製品を提供いただき作成していますが、記事内容に関しての指示はなく、筆者が感じたことを率直にお伝えしていることを約束いたします。

スポンサーリンク

BenQ LaptopBarの特徴・仕様

BenQ LaptopBarの特徴・仕様について紹介します。

BenQ LaptopBarの内容物
  • BenQ LaptopBar 本体(ライト部分)
  • BenQ LaptopBar 本体(バッテリー部分)
  • USB-C 充電ケーブル(55cm)
  • 持ち運び用ポーチ
  • 取り付け用マグネットシート2枚(貼り付けガイド付き)
  • クイックスタートガイド
商品名BenQ LaptopBar
光源デュアルカラーLED
(白・橙)
演色性Ra≥95
照度中央照度700ルクス(照射面から30cmの場合)
照明範囲34 × 25 cm
消費電力7.5W(最大)
バッテリー持続時間160分(照度50%時)
100分(色温度4000K・照度100%時)
バッテリー容量:2,550mAh
本体重量180g
カラーリングホワイトグレー
スペースブラック
出典:BenQ公式サイト

BenQ LaptopBarはノートパソコン用のモニターライト。ノートパソコンのモニター裏に取り付けることで、手元を照らして目の負担を減らし、作業を快適にしてくれるアイテムです。

固定方法はマグネットでの脱着式

付属のマグネットシートをノートパソコンのディスプレイ裏面に貼り付け、そこにLaptopBarをマグネットで固定してつかいます。脱着式なので、持ち運び時に邪魔になることもありません。

マグネットシートは粘着式で、シルバーとグレーの2枚が付属。使っているノートパソコンの色に合わせて選べるので、できる限り目立ちにくい色を選べます。

ボクのMacBookはシルバーカラーなのでシルバーっぽいマグネットシートを選びました。

貼り付け時には付属のガイドを使うことで、ノートパソコンの適切な場所にマグネットシートを貼り付けられます。

剥がす際にはマグネットシートの下部をめくり上げて黒いタブを引っ張れば、跡も残らずキレイに剥がせます。

手前のクラフト紙のパッケージが、予備のマグネットシート。ボクも別のノートパソコンで使いたかったので、別途購入しました。

剥がしてしまうと再利用はできませんが、予備のマグネットシートも販売(2枚セット:1,200円)されているので、ノートパソコンを買い替えた場合や、私用と会社用のノートパソコンで使いたいといった場合でも大丈夫です。

ノートパソコンの周囲を満遍なく明るく照らす

ハイポジションで使用、手元の明るさはすべてLaptopBarによるもの

BenQ LaptopBarは、キーボード付近を700ルクス(色温度4,000K、照度100%)で明るく照らしつつ、ノートパソコンの周囲50cmほどの空間を300ルクスで均等に照らしてくれます。

バッテリー駆動のコンパクトなライトながらもRa≥95の高い演色性ももちあわせており、カタログや写真集などの色にこだわった資料・作品を見るのに最適なスペックも持ち合わせています。

おかげでノートパソコン使っている時の手元の暗さを気にすることがなくなり、作業が快適に行えるようになります。

ローポジションで使用、手元の明るさはすべてLaptopBarによるもの

ライトアームを調整することで、ローポジションとハイポジションの2つのポジションで使えるようになっているため、作業環境にあわせてベストなセッティングを取りやすいのも魅力的。

どちらのポジションでもノートパソコンの背面方向をゆるやかに照らしてくれるので、デスク全体での明るさが担保でき、目の負担をより減らせます。

カクタケイ
カクタケイ

個人的な感覚ですが、膝上で使うには安定さを重視してローポジションで、デスクで使うには周囲へ満遍なく照らすためにハイポジションにするのが良さそうでした。

モニター背面まで明るく照らしてくれるので、周辺と手元の明るさの差が少なくなって目に優しい

余談ですが、BenQ LaptopBarの明るさ(周囲を300ルクス)で照らすのにはしっかりと意味があり、厚生労働省が提示する「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」における「机上の照度は300ルクス以上が目安」とされているのを満たしているんです。

なので、BenQ LaptopBarを使うことで目の負担を減らしつつ快適に作業できるようになるんですよ。

4 作業環境管理

〜中略〜

ロ ディスプレイを用いる場合の書類上及びキーボード上における照度は300 ルクス以上とし、作業しやすい照度とすること。
また、ディスプレイ画面の明るさ、書類及びキーボード面における明るさと周辺の明るさの差はなるべく小さくすること。

厚生労働省【情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて】

ボクが以前勤めていた会社では、CAD業務を行う作業場所はこのガイドラインを守って環境づくりが行われていました。

業務でそのエリアを使っていた時期が1年ほどありますが、その前後での視力低下などは感じられず、目に優しい作業環境だったと感じていました。

カクタケイ
カクタケイ

他にもIECブルーライトハザード認証、IEEEフリッカーフリー認証、IEC電磁波放射防止認証を取得していて、目へのやさしさを徹底的に考えて作られているんです。

明るさや照度を自由に調節できる

BenQ LaptopBarは、使用時の色温度や照度が調節できるので、常に作業や周囲環境に適した明るさに調節できます

BenQ LaptopBarの光について
  • 色温度:2,700~5,700K(7段階で調節)
  • 最大照度:700ルクス

調節にはLEDユニットにあるタッチセンサーをスライドするだけでOK。調整モードの切り替えはバー左側の小さいセンサーを1タップすれば切り替えられます。

寒色~暖色、現在の輝度レベルが一目でわかるようになっている親切設計で使いやすい。

キリッと目が覚める白色系のライトを明るくして作業したり、寝やすいように暖色系の弱めの光量で使ったりといった使い分けもできます。

調整モードの切り替えにつかったバー左側の小さいセンサーを2秒ほどロングタップすると自動で最適な照度に調節してくれる。

周囲の環境にあわせた自動調光機能も搭載されているので、ワンタッチで最適な明るさにもできます。ボクも基本的にはこの状態で使っています。

バッテリー持続時間は50%の照度で3時間弱

BenQ LaptopBarは3時間弱の連続駆動が可能。(50%照度時、最大160分)

ちょっとした作業はもちろん、長時間の会議や講義などでも十分使い続けられるほどのバッテリーライフです。

充電はUSB-Cポートから行います。0%からフル充電するには150分ほどとすこし長めです。充電器をスマホと共用する場合は、寝る前にスマホを、寝るときにLaptopBarの充電を行うのが良いでしょう。

マグネットでサッと取り付けて使える手軽さ

BenQ LaptopBarはノートパソコンにマグネットで取り付けて使うモニターライト。ライトが必要な時だけサッと取り付けて使える手軽さが魅力です。

脱着式なので、持ち運び時に邪魔にならないように外せるのもGood。マグネットの磁力は強めなので、ちょっとした席の移動くらいならつけっぱなしでも問題ないレベルです。

外部モニターにひっかけて使う構造ではないためウェブカメラや画面を遮ってしまうことがなく、昨今増えつつある狭額縁なノートパソコンでも問題なく使えます。

デザイン賞を2つ受賞したミニマルなデザイン

BenQ LaptopBarは無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインを採用。Red Dot Design Award 2023やグッドデザイン賞を受賞しており、その質の高さは折り紙つきです。

ホワイトの部分はプラスチック、ウォームシルバーの部分はほぼアルミニウムでできており、ぱっと見ただけでも質感の高さを感じさせてくれます。

ライトアームを動かしてみても、音や引っ掛かりは皆無でヌルーッと滑らかに動いてくれるので、手で触った際の質感も見た目に違わぬ高品質さとなっています。

ポーチに収める際もライト部分とバッテリー部分を重ねて入れるだけ。中央の仕切り部分で固定されるので、持ち運び時にもポーチの中で暴れることがなく、傷だらけになってしまうなんてこともありません。

重量は本体のみで約180gほど、持ち運び用のポーチに入れた状態でも217gと軽量なため、ノートパソコンと一緒に、いつでもどこでも持ち運んで使いやすいのも魅力です。

色は今回紹介している「ホワイトグレー」の他に、オールブラックな仕上げの「スペースブラック」も用意されているので、使っているノートパソコンの色やデスク環境などに合わせて好みの色を選べるのもポイントです。

¥18,900 (2024/02/11 13:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

↑目次に戻る

BenQ LaptopBarのレビュー

BenQ LaptopBarを実際につかって感じたことをレビューしていきます。

サッとつかえてすぐ照らせる手軽さが魅力

BenQ LaptopBarは持ち運びやすく使いやすい手軽さが何よりの魅力。

重量はポーチ込みでも217gしかないので、バッグの内ポケットにもすんなり収まるサイズ感。サッと取り出してノートパソコンにマグネットで取り付けるだけのケーブルレスなので、手間やストレスなく使いたいときだけ使えます。

ノートパソコンの手元は暗くなりがちなのでデスクライトなどで照らしたいところですが、モニターに反射してしまって使いづらい……なんてこともありがち。

しかもデスクライトだとデスクでしか作業できず、ノートパソコンのフッ軽さがなくなってしまうんですよね。

BenQ LaptopBarであればデスクでもベッドでもカフェでも、モニターの反射などを気にせず明るく照らせるようになるので、ノートパソコンの持つ気軽さと自由度を生かしたまま、より快適に作業できるようになって最高です。

カクタケイ
カクタケイ

+αで使うアクセサリーは使い始める準備が大変だったりすると自然と使わなくなってしまいがち。BenQ LaptopBarならまったく問題なく使えますよ。

バッテリー駆動は3h弱だが、実は給電しながらも使える

バッテリーユニットは小型。容量は2,550mAh。

BenQ LaptopBarのバッテリーは50%の照度で160分、100%の照度だと100分ほど。

1日中カフェを歩き回ったり、大学の研究室や講義などで使い続けようとすると、ちょっと物足りなさが目立ちます。

ですがそれもBenQ LaptopBarは見越して設計されており、もしバッテリーが切れてしまっても、ノートパソコンから充電しながらでも使える(公式FAQより)ようになっているんです。

しかも充電時ではUSB-Cからの給電での駆動に切り替わる(公式FAQより)ため、バッテリーの劣化も最小限で使える賢い仕様になっているんです。

ノートパソコンのインチやUSB-Cポート、BenQ LaptopBarの向きなどにもよりますが、充電しながら使うには付属品の55cmのケーブルがちょうど良い長さです。

ボクが使っているのはMacBook Proの16インチモデルですが、30cmではたりず、50cmではすこし余る感じでした。

カクタケイ
カクタケイ

USB-Cポートはローポジションだと向かって左側、ハイポジションだと向かって右側にきます。もし別途ケーブルを用意する場合は、長さに余裕があるものを選ぶといいですよ。

外部モニターでの併用も可能