Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

【HUAWEI MatePad Paper レビュー】紙を置きかえるのに最適な電子ノート

4.0
スマホ・タブレット関連

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

日頃メモを取ったりアイデアを出すときは、紙とペンが好きなのでマルマン ニーモシネや万年筆を使っています。

しかし書けば書くほど紙を消費し、気づいたら大量に溜まっていくことの繰り返しになってしまい、少し困っていました。

カクタケイ
カクタケイ

書いてあるのがメモやアイデアなので、なんとなく捨てづらいんですよね。

そこで「電子ノートでまとめれば良いのでは?」と思ってちょうど探していたところ、HUAWEI MatePad Paperが発売されたので、購入しました。

結果として、今のところ大満足。

どんなにたくさん書いても紙を消費しないので気楽ですし、端末上でノートを分けることもできるので、さまざまな種類の内容を一つの端末でまとめて管理できます。

また、電子ノートにしてはペンの追従がよく、タブレットをベースとしているキビキビした動作がとにかく使いやすいんです。

ということで今回は、HUAWEI MatePad Paperについて、実際に使って感じたことなどをわかりやすくお伝えします。

HUAWEI MatePad Paperを使ってみて感じたこと

  • スペックが高く、サクサク動く
  • ペンの遅延が少ないので使いやすい
  • 表面のわずかな抵抗感が秀逸
  • メモアプリはシンプルにして十分
  • バッテリーは3〜5日おきに充電すればOK
  • 10.3インチはA5サイズ相当なので大きすぎず小さすぎず
  • アプリ対応の少なさがもったいない
スポンサーリンク

HUAWEI MatePad Paperとは

MatePad Paperは、HUAWEI(ファーウェイ)が作る電子ペーパー端末です。

AndroidをベースにしたHarmony OSを搭載しているのが特徴で、電子ペーパーながらもブラウザや電子書籍などのさまざまなアプリが利用できます。

しかしあくまでも「Paper」と冠されているだけあり、電子ノートとして使うことを想定した端末です。

HUAWEI MatePad Paperの外観

それでは実際に、購入したMatePad Paperの外観を確認していきましょう。

パッケージにはMatePad Paperのロゴなどがピンクゴールドの箔押しで表現されており、高級感にあふれています。

パッケージは非常に分厚く、横から見てみると2つの箱から構成されていることに気づきます。

本体とカバーの2つに分かれているようなので、まずは本体の箱から開けていきます。

フタを開けてみると、すぐに製品と対面するパッケージでした。

内容物を全て出しました。

中に入っていたのは、本体・ペン・交換用のペン先・充電器・ケーブル・マニュアルと一般的。

現在は充電器やケーブルを付属しない風潮がありますが、MatePad Paperにはどちらも同梱されていますね。

MatePad Paperはペンを使うためのデバイスなので、もちろんペンと交換用のペン先が付属しています。

このペン自体はHUAWEI M-Pencilとして市販されており、他のHUAWEI製デバイスと共用のものです。

交換用のペン先がなくなってしまった場合は、HUAWEIのサポートに問い合わせると購入できるようです。

交換用のペン先を購入する手順などについては、また後ほど紹介します。

本体を出してみると、いきなり画面に壁紙が表示してありました。

電子ペーパーなので表示したままにしても電力は消費せず、そのままの状態を保てるからこその演出ですね。

斜めから見てみると、本体の薄さがよくわかりますね。

たったの6.65mmしかないので強度が不安になりますが、フレームはマグネシウムで作られており、ねじれなどないガッチリ感があります。

下部中央には充電・データ転送用のUSB-C端子があります。

本体右上の角付近を見てみると、指紋認証ボタンを兼ねた電源ボタンと音量ボタンがありました。

本体の右側面は比較的がらんどうですが、ここにはM-Pencilがマグネットで装着できるようになっています。

ここに装着している間は充電されるようになっているので、ペンが充電不足でつかえないなんてことにはほとんどならなさそうです。

本体を裏返してみると、特徴的な合皮の装丁が姿を表しました。

本当の皮革のようなしっとりとした触り心地になっており、仕事などの際に使っても恥ずかしくない立派な仕上げですね。

ちなみに、背面下部に貼られている白いシールにはシリアル番号などが記載されていましたが、跡も残らずキレイに剥がせるシールになっていました。

電源を入れて、ホーム画面を表示しました。

メイン画面はカレンダー・メモ・メール・HUAWEIブックのウィジェットが表示されているシンプルなものです。

画面下部にはAndroidのようなナビゲーションボタンが設置されていますが、これは設定でジェスチャーに切り替えることも可能です。

また左側のメニューから、メモ・本棚・ブックストア・アプリを開けるようになっています。

ただしアイコンの並びや内容は編集できないので、人によっては本棚とブックストアは無用の長物になりがちです。

メイン画面左下からは設定を開けます。

Wi-Fiの設定や壁紙、通知やバッテリーなど、電子ペーパー端末としては異例の充実具合だなと感じます。

画面右上を下にスワイプすると、コントロールパネルが表示されます。

ここではスマホのように、各種設定をワンタッチで切り替えられるようになっています。

どの画面からでも出せるようになっているので、電子ペーパーのリフレッシュモードの切り替えや、フロントライトの調整が自在に行えるのが便利ですね。

続いて、付属のカバーを開封していきます。

こちらも本体同様の豪華なパッケージです。

カバーを取り出しました。

こちらも本体と同様、合皮の装丁になっています。

このカバーはマグネットでの画面のON/OFFに対応しているので、常にこれを装着していればストレスなくMatePad Paperを使えそうです。

斜めから見てみると、意外と薄く作られているのがわかります。

分厚く立派なカバーになってしまうと本体の軽さが意味をなさなくなるので、これで十分かなと感じます。

本体とカバーはどちらも合皮の装丁になっていますが、2つ並べてみると実は表面加工が異なることに気づきます。

カバーも本体同様、しっとりとした触り心地になっていました。

本体にカバーを装着してみました。

本体にはマグネットで吸着するタイプで、使いたい時などに合わせて自由に脱着できるのが便利。

本体右側面にペンを装着したままでもカバーが使えるのも嬉しいですね。

このカバーを本体に装着した状態の総重量は572gもありました。

マグネットでの画面ON/OFFは便利ですが、正直なところ、少し重めです。