【CASEFINITE THE FROST AIR】iPad mini 6にピッタリな薄型軽量ケース

ガジェット
スポンサーリンク

こんにちは、iPad miniを初代から使い続けているカクタケイ(@kakutakei)です。

今までiPad mini 6には、wraplusのスキンシールApple純正スマートフォリオを組み合わせて使っていました。

ですが、全体的に重く分厚くなってしまい、持ち運ぶ頻度が少しさがっていました。

「これじゃiPad mini 6がもったいない」と使い方を考え直したところ、iPad mini 6はコンパクトサイズだったので、あまりスマートフォリオのスタンド機能を使っていないことに気づきました。

カクタケイ
カクタケイ

iPad Proではスタンド機能をよく使っているので、サイズゆえに合わなかったという印象です。

「軽くしたい+スタンドはいらない」ということで新しいケースを探した結果、CASEFINITE(ケースフィニット)THE FROST AIR(iPad mini 6)を購入しました。

THE FROST AIR(iPad mini 6)は、ブランドロゴすらないシンプルさと、薄く軽いのでiPad mini 6の取り回しの良さを悪化させない使い勝手が魅力の製品です。

その分、耐衝撃性能はトレードオフになりますが、身軽にiPad mini 6を持ち運びたいという人にはピッタリの製品です。

ということで、THE FROST AIR(iPad mini 6)の魅力や使って気づいたことについて、紹介します。

カクタケイ
カクタケイ

特にiPad mini 6をスマホのように使いたい人にオススメのケースです。

THE FROST AIR(iPad mini 6)を使って感じたこと

  • 「ほぼ、裸」のコンセプト通りの使用感が気持ちいい
  • ケースなのでスタンド機能はない
  • 落としたら多分アウト
スポンサーリンク

THE FROST AIR(iPad mini 6)とは

THE FROST AIR(iPad mini 6)は、CASEFINITEが販売する「ほぼ、裸」がコンセプトの薄型・軽量なケースです。

CASEFINITEがミニマリストスマホケースブランドとして創立されたこともあり、ケースにはブランドロゴすら入っていない、極めてシンプルなデザインをしているのが特徴です。

THE FROST AIR(iPad mini 6)の外観

それでは実際に購入したTHE FROST AIR(iPad mini 6)を見ていきましょう。

CASEFINITEの箱はスライドして引っ張り出すタイプです。

持ち手にはリボンが使われていたりと、コストが掛かっているなぁと感じさせてくれますね。

内容物は本体・説明書・サンクスカードの3点でした。

本体は薄いビニール製の袋に入っていたので、使用前に傷ついてたりなんてことはなさそうです。

箱の中をよく見てみると、起毛素材のシートが底面に貼ってありました。

スマホやタブレットのケースでここまで保護材を使っているパターンはあまり見たことないので、少し驚きました。

ケースを袋から取り出してみました。

今回購入したのは「アイスホワイト」というカラーです。

半透明のケースなので、置いてある机の模様がうっすらと透けて見えますね。

カクタケイ
カクタケイ

他にも「スモークブラック」というカラーもラインナップされています。

ケースだけの状態で眺めてみてもバリなどの加工不良は見当たらず、品質が高いのがわかります。

触感はサラサラ系ですが、少しでも手汗が出ていると滑りにくくなる不思議な印象です。

薄型・軽量なケースですが、ディスプレイ側のエッジやカメラ周辺などは強度を担保するために、少し分厚く成形されていることに気づきます。

薄くしつつもケースの品質を下げないように考えられているなと感じました。

iPad mini 6に装着してみました。

ボクのiPad mini 6はスターライトですが、アイスホワイトの色味と合わさってシルバーのようにも見えるようになりました。

本体色とケース色の兼ね合いで、だいぶ印象が変わりそうですね。

ちなみに、スキンシールを貼ったまま装着できるかとチャレンジしましたが、THE FROST AIRはiPad mini 6のサイズにぴったり過ぎて無理でした。

カクタケイ
カクタケイ

かなりピッタリサイズに作られているので、シールが貼ってなくとも装着は大変でした。

装着状態でのディテールを見ていきます。

電源スイッチやスピーカーホールなどは丁寧にくり抜かれており、全くズレはありません。

USB-C端子の部分は少し余裕を持って開けられており、どんなケーブルでも使えるように考えてありました。

Apple Pencilを装着する右側面は、わずかに凹んでいる加工になっていました。

この加工のおかげで、ケースをつけたままでもApple Pencilを安定して装着・充電できるようになっているようです。

Apple Pencilも問題なく装着、充電することができるデザインとなっているため、ケース装着時も快適にご使用いただけます。

CASEFINITE THE FROST AIR(iPad mini 6)公式サイトより引用
カクタケイ
カクタケイ

穴が空いているわけではないので、ケースの保護能力を損なわずにすんでいますね。

画面のフチとカメラの周囲は、どちらも1mmほど高めに作られていました。

ボクは画面側に保護ガラスを貼り付けていますが、それでもケース側の方がわずかに高くなっていました。

これなら机にiPad mini 6を置くとき、画面側を下にしても、カメラ側を下にしても、問題ないのが嬉しいですね。

カクタケイ
カクタケイ

iPadのケースは多数ありますが、かなりクオリティが高い部類だなと感じました。

THE FROST AIR(iPad mini 6)を使って感じたこと

実際にTHE FROST AIR(iPad mini 6)を使って感じたことを紹介します。

「ほぼ、裸」のコンセプト通りの使用感が気持ちいい

THE FROST AIR(iPad mini 6)の最大のメリットは、そのコンセプト通りの「ほぼ、裸」な使用感です。

正直、この製品のメリットはこの一点に限ると言っても過言ではありません。

カクタケイ
カクタケイ

この使用感の良さは、他のケースではえられません。

重さは26gしかないので、iPad miniと合わせても319gしかありません。(セルラーモデルの場合は323g)

冒頭でもお伝えした通り、以前はwraplusのスキンシールを使っていましたが、それと使い勝手はあまり変わらないなと感じます。

もちろんあくまでもケースなので、スキンシールに比べるとわずかに分厚く・重くなっているのは事実です。

ですが、薄くて軽い上にピッタリとiPad mini 6に装着できるので、「ケースが装着されている違和感」がまったく無いんです。

この使用感だけでも、THE FROST AIR(iPad mini 6)を購入して良かったなぁと感じます。

カクタケイ
カクタケイ

スキンシールを使っていたのも「ケースの厚ぼったさや装着感が嫌いだから」なんです。

ケースなのでスタンド機能はない

THE FROST AIR(iPad mini 6)はケースなので、スタンド機能はありません

なので、もし立てて使いたい場合は、別途タブレットスタンドを用意する必要があります。

ボクはiPad mini 6をあまりスタンドを使っていなかったので、現在はスタンドなしのまま使っていますが、たまにスタンドを使いたい時もあるので、何か良い方法はないかと探しています

試しに、以前使っていたスマートフォリオを装着できるか試してみましたが、カメラ部分の出っ張りが干渉してしまって使えませんでした。

THE FROST AIR(iPad mini 6)が到着する前は「スマートフォリオが併用できたらいいなぁ」と考えていましたが、その希望は儚く散ってしまいました。

と、いうわけでMOFT Snap-On タブレットスタンドを購入しましたが、これはTHE FROST AIRと組み合わせると最適でした。

粘着タイプのMOFT Xもありますが、おすすめはMOFT Snap-On タブレットスタンドのほう。

iPhoneのMagsafeレザーウォレットと同様、使わない時はマグネットで気軽に外せるので、iPad mini 6の機動性が低下せずにすむのが特徴です。

以下の記事に使い勝手などをまとめているので、気になる方は読んでみてください。

カクタケイ
カクタケイ

MOFT Snap-Onの重量が86gあるので、つけっぱなしだとiPad mini 6とケースと合わせて409g。取り外せるおかげで、重くなってしまうのが回避できますね。

落としたら多分アウト

THE FROST AIR(iPad mini 6)は、日常生活の汚れなどから守るためのケースなので、耐衝撃性能が低い可能性があります。

耐衝撃性能を高めていくと、どうしてもケースが分厚く・重くなってしまうので、薄型・軽量を実現するためにはしかたないことかなと感じます。

原料の特徴と艶消し技術により、大切なタブレットを日常生活における汚れや指紋から守ります。

CASEFINITE THE FROST AIR(iPad mini 6)公式サイトより引用

ただ、多くの場合タブレットは歩きながらなどではなく腰を下ろして使う可能性が高いので、気をつけていれば問題はなさそうです。

カクタケイ
カクタケイ

サラッとした手触りなので、念の為すべらないように気をつけておくのがよさそうです。

試しに片手持ちもチャレンジしてみましたが、一般的な成人男性の場合はギリギリ問題なさそうでした。

元からiPad mini 6が片手持ちできる人なら、THE FROST AIR(iPad mini 6)を装着していても、問題なく使えそうです。

購入できるのはCASEFINITE公式サイトだけ

2022年6月現在、THE FROST AIR(iPad mini 6)は、公式サイトからの購入に限られます。

ボクも公式サイトから購入しましたが、Amazon Payなどの楽な決済手段もあるので、スムーズに購入できました。

\ 全品送料無料でお届け /

まとめ:iPad mini 6をスマホのように使いたい人向けの薄型・軽量ケース

THE FROST AIR(iPad mini 6)は、ケースをつけていないかのような使い勝手が魅力の製品。

前のスキンシール+スマートフォリオの仕様に比べて軽くなったので、気軽にバッグに入れて持ち運べるようになり、iPad mini 6が活躍する機会が増えたと感じています。

買う前は「ケースに5,000円も出すのはどうかなぁ」と悩みましたが、使ってみると「買って良かった」と思える製品でした。

たくさんあるケースの中でも品質が高く、iPad mini 6をスマホのように身軽に使いたい人には最適です。

気になった方はぜひ、THE FROST AIR(iPad mini 6)をチェックしてみてください。

以上、カクタケイ(@kakutakei)でした。

この記事を読んだあなたには、こちらもオススメ

Amazonでお買い物するなら、Amazon Masterカードがオトク!

  • 2%の高還元率!(プライム会員の場合)

  • コンビニでも1.5%ポイント還元
  • 年会費永年無料

  • 最短即日で使える

  • 新規入会で7,000ポイントプレゼント

\最短即日審査でつかえる/

※年会費は永年無料、ETCカードも永年無料です。

タイトルとURLをコピーしました