Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

HUAWEI WATCH GT 4レビュー:時計らしいデザインと長時間駆動が魅力のスマートウォッチ

4.5
スマホ・タブレット関連

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

仕事や子育てなどで忙しい人にとって、常に腕で時間や予定を確認できるスマートウォッチは必須級のアイテム。

各社からさまざまなタイプのスマートウォッチが販売されていますが、気になるのがそのデザイン。

いかにもスマートウォッチらしいデザインすぎて、ファッションに気を遣ったり時計が好きだったりすると、いまいち食指が伸びづらいんですよね。

カクタケイ
カクタケイ

いかにもスマートウォッチらしいものだと、オンでもオフでも気兼ねなく……とはいかなかったりしますよね。

そこでオススメなのがHUAWEIファーウェイ WATCHウォッチ GTジーティー 4。時計らしいデザインと長時間バッテリーが魅力のスマートウォッチです。

最大14日間もバッテリーが持つので、週に1度でも充電しておけば十分。スマホやイヤホンなど充電するものが増えつつある昨今ですが、HUAWEI WATCH GT 4はたまに充電するだけなのでストレスフリーで使えます。

20種類以上のワークアウトや24時間のモニタリングなど、スマートウォッチらしい機能はほとんど網羅されているので、装着しているだけでより生活に気遣って暮らせるように。

この記事ではHUAWEI WATCH GT 4の特徴や使用感について、3週間ほど使い込んで感じたことを詳しくレビューしていきます。

HUAWEI WATCH GT 4の特徴
  • スタイリッシュなデザイン
  • 高精細な46mm/41mmの大画面
  • 最長14日間のパワフルなバッテリー寿命
  • 優れた健康管理機能(ワークアウト・24hモニタリングなど)
  • スマートフォンと連動した通知機能
  • 3,980円以上は送料無料
  • 14日以内は返品交換可能
  • ギフトキャンペーンなどの実施アリ
HUAWEI(ファーウェイ)
¥32,800 (2024/02/07 22:45時点 | Amazon調べ)

この記事はHUAWEI様に製品を提供いただき作成していますが、記事内容に関しての指示はなく、筆者が感じたことを率直にお伝えしていることを約束いたします。

スポンサーリンク

HUAWEI WATCH GT 4の特徴・仕様

HUAWEI WATCH GT 4の特徴・仕様について紹介します。

HUAWEI WATCH GT 4の内容物
  • HUAWEI WATCH GT 4 本体
  • HUAWEI WATCH GT 4 専用充電器
  • 安全に関する注意事項 リーフレット
商品名HUAWEI WATCH GT 4
サイズ(W × H × D mm)46mm:約46 × 約46 × 約10.9
41mm:約41.3 × 約41.3 × 約9.8
重量(ベルト含まず)46mm:約48g
41mm:約37g
ディスプレイ46mm:約1.43インチ AMOLED 466×466ピクセル
41mm:約1.32インチ AMOLED 466×466ピクセル
材質ディスプレイ:アルミノケイ酸ガラス
ケース:金属ベゼル+ステンレス製の筐体
リアケース:高分子繊維強化プラスチック
タッチスクリーン
測位方式GPS/GLONASS/Galileo/BeiDou/QZSS
防水5ATM
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
磁気センサー
気圧センサー
温度センサー
通信規格Bluetooth 5.2
充電ポートワイヤレス充電(急速充電対応)
バッテリー持続時間46mm:通常使用で約14日、ヘビーユースで約8日間
41mm:通常使用で約7日間、ヘビーユースで約4日間
対応OSAndroid 8.0〜
iOS 13.0〜
出典:HUAWEI公式サイト

スタイリッシュなデザイン

HUAWEI WATCH GT 4には46mmと41mmの2サイズがラインナップ。

スマートウォッチながらどちらも時計らしいデザインに仕上げられていて、ビジネスでもカジュアルでも使える装いになっています。

近隣のヨドバシカメラにて撮影

46mmは昨今のトレンドを意識した、大きめで角ばった力強いデザイン。ブラックのラバーバンド、ブラウンのレザーバンド、グレーのステンレスバンドの3モデルで展開されており、どれもカッコイイ男性向けのデザインとなっています。

グレー(写真右側)のモデルはエンドピースまでついており、流行りのラグスポのような雰囲気すらあります。マット調の艶消し加工が全体に施されており、3モデルの中で特に重厚感を感じるデザインでした。

カクタケイ
カクタケイ

今回、記事で紹介しているのは、写真左側のブラウンのレザーバンドがついたモデルです。

近隣のヨドバシカメラにて撮影

41mmはラウンドポリッシュされたベゼルとコンパクトなサイズ感が相まってラグジュアリーな雰囲気で、どれもジュエリーウォッチのような印象です。

こちらも46mmと同じように、ブラックのラバーバンド、ホワイトのレザーバンド、シルバーのメタルバンドの3モデルで展開されています。

写真で見ているだけでもフレーム部分の煌びやかさがわかるほどで、実物は小さめのモデルながらもアクセサリーとしてのキラリと光る存在感がありました。

カクタケイ
カクタケイ

特に写真左側のメタルバンドのモデルは金属特有の存在感のおかげで、腕につけた時の見栄えが段違いに良い印象でした。

どちらのモデルにも右側面にリュウズとボタンがあり、リュウズはスクロールや決定、ボタンはショートカット設定など(デフォルトはワークアウトの選択)に使えます。

46mmのブラウンモデルは高品質な本革(GENUINE LEATHER)を使用。しなやかで柔らかく、腕にフィットする。

もちろん両サイズともバンドの交換が可能。購入時から使っていて飽きた時はもちろん、服に合わせてイメージを変えたりもできます。

46mmは22mmの、41mmは18mmのバンドを使えます。付属バンドは工具なしで外せるタイプになっていますが、交換するバンドは一般的なバネ棒のものでも問題なく使えます。

HUAWE EasyFit 2 ナイロンストラップ(Pebble Gray)は4,000円ほどなので気軽に試しやすい

HUAWEI EasyFit 2(22mm)のナイロンストラップ(Pebble Gray)を見かけたので、購入して交換してみました。

ブラウンのレザーバンドではシックな雰囲気だったものが、ナイロンストラップになったことで程よいカジュアル感のある印象に変わりました。

レザー以上にしなやかで腕にフィットしやすく、チクチク感などもなく快適そのもの。特に就寝時の睡眠計測(後述)を使おうと考えている人にはこちらの方が良さそうです。

装着するバンドで大きく印象も変わるので、複数本のバンドを用意して、服装などにあわせて取り替えるのもアリですね。

カクタケイ
カクタケイ

HUAWEI WATCH GT 4のサイズは2種類ありますが、どちらもできることは変わりません。違うのはバッテリー持続時間くらいです。

高精細な46mm/41mmの大画面

ガラスはフラットで、反射も抑えられている印象。日中のような日差しの高い時間でも常に見やすかった。

HUAWEI WATCH GT 4の画面は高精細で見やすさ良好。46mm・41mmどちらのサイズでもハッキリとした表示です。

 サイズ46mm41mm
インチサイズ1.43インチ1.32インチ
解像度466×466466×466
画素密度(ppi)326ppi352ppi

画素密度(ppi)だけみれば46mmの方がわずかに低くなっていますが、326ppiはiPhone SE(第3世代)とまったく同じ。表示のキレイさは折り紙付きのようなもの。

どちらのサイズでも画面に近づいてみてもピクセルを見ることはできず、どの文字盤に変えても粗さを感じることはありません。

表示されている文字盤はもちろん変更可能で、HUAWEIヘルスケアアプリの文字盤ストアから、有料・無料含めて25,000種類以上の文字盤を選べます。

高精細なディスプレイのおかげでどの文字盤も鮮やかかつみやすく表示されるので、自分好みの文字盤を探して使うのがより一層楽しくなります。

最長14日間のパワフルなバッテリー寿命

HUAWEI WATCH GT 4は最大14日間(46mmモデルの場合)のパワフルなバッテリーを搭載。1週間に1〜2度の充電だけで使い続けられます。

充電には専用のマグネット式充電器が必要ですが、充電は早く、0%〜100%の充電には最短で1時間半ほどしかかかりません。

そもそも長期間使えるスタミナがあるためバッテリー切れになることはほとんどなく、お風呂時間のような短時間でも継ぎ足し充電しておけば十分なほどです。

付属の専用充電器はマグネット式でHUAWEI WATCH GT 4の裏面に張り付く。充電器の端子はUSB-A。

優れた健康管理機能(ワークアウト・24hモニタリングなど)

HUAWEI WATCH GT 4ではワークアウトや24時間のモニタリング、カロリー計算など豊富な機能があるため、装着しているだけで健康管理に役立てることができます。

HUAWEI WATCH GT 4から集められたデータは、スマホアプリ「HUAWEIヘルスケア」上に同期され、時計にあるセンサーと掛け合わせることで様々な機能が活用できるようになっています。

カクタケイ
カクタケイ

時計単体でも最低限のデータは確認できますが、フル活用するにはアプリとの併用が必須です。

ワークアウトはウォーキングやサイクリング、水泳やスキー、登山など20種類以上(カスタムも含めれば100種類以上)に対応。自分の好きなスポーツを選択できます。

HUAWEI WATCH GT 4の位置情報測定はかなり正確。実際に走ったルートをキレイにトレースできていた。

また、GPSをはじめとする5つの衛星(GPS/GLONASS/Galileo/BeiDou/QZSS)から位置情報を取得することで、従来型と比べても30%も精度が向上。住宅地やビル街でも高精度なルート追跡が可能になりました。

HUAWEI TruSeen 5.5+と呼ばれるモニタリングシステムでは、心拍数や血中酸素レベル、睡眠、ストレスなどの活動データを常時測定。常に自分自身の状態を正しく把握できます。

激しい運動中や安静時に急激な心拍数変化を通知することで、より適切なペースでの運動をしたり、異常な状態にすぐに気づくことができるようになっています。

睡眠モニタリングにはHUAWEI TruSleep 3.0を搭載。

腕に装着しておくだけで睡眠の質や睡眠時間を自動的にログ化してくれるので、「長く寝てるのに全然元気にならない……」といった現代人らしい睡眠に関する悩みの解決を手助けしてくれます。

あわせて血中酸素レベルと心拍数から検知する「睡眠中呼吸乱れ検知機能」も搭載されているので、睡眠時無呼吸症候群の早期発見にもつながります。

カクタケイ
カクタケイ

OURA Ringという指輪型トラッカーと併用してみましたが、どちらのデータもほぼ同様で、精度は問題なさそうでした。

HUAWEIヘルスケアアプリ上のカロリー管理機能。ここで入力した結果がHUAWEI WATCH GT 4上にも反映される

カロリー管理機能も搭載されており、HUAWEI WATCH GT4で測定した活動データとHUAWEIヘルスケアアプリ経由で入力した年齢や体重などの個人データ、摂取カロリーデータを組み合わせることで、その日に摂るべき最適なカロリーを提示してくれます。

ランチやディナーの前にさりげなく確認しておくだけで、最適なカロリー摂取が可能。体型管理を行いやすくなるので、心理的なハードルがグッと下がります。

カクタケイ
カクタケイ

女性向けの機能として、生理周期予想機能も搭載されています。装着しているだけで体の状態について教えてくれるので、悩みがふわっと軽くなりますよ。

スマートフォンと連動した通知機能

メールが来た際などにはすぐにバイブレーションと共に通知される。

HUAWEI WATCH GT 4ではほかのスマートウォッチと同様にスマホの通知を時計で受け取れるので、LINEをはじめとするメッセージやアラーム、電話などの通知が来たことを見逃さずに対応できます。

見づらいが赤枠の中、背面の黒い部分にスリットがある。HUAWAI WATCH GT 4にはスピーカーが搭載されており、時計を通じて通話に出られる。

特に優秀なのが通話機能。HUAWEI WATCH GT 4ではBluetoothでの通話に対応しているため、スマホがなくてもスマートウォッチだけで通話に応答可能。スマホがうまく取り出せないようなシーンで重宝します。

カクタケイ
カクタケイ

メッセージやメールも時計上ですぐに確認できます。重要なものであれば「返信テンプレート機能」を使って最低限の返信も行えます。

HUAWEI(ファーウェイ)
¥32,800 (2024/02/07 22:45時点 | Amazon調べ)
\新生活SALE開催中!/
Amazon