Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

XREAL Air 2 Pro レビュー:ケーブル1本で大画面が楽しめる!エンタメにも作業にも便利なARグラス

4.0
スマホ・タブレット関連

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

外出先のカフェやホテルでも「大画面でエンタメを楽しみたい」「作業環境があれば良いのにな」という時にあると便利なのが、最近流行りのARグラス。

メガネをかけるだけで自分だけの大画面が楽しめるので、エンタメでも作業でも、場所を選ばず最大限楽しめるんです。

そこでオススメなのがXREALエックスリアル Air 2エアツー Proプロ

スマホやタブレットなどにケーブル1本接続するだけで使えて、装着すれば目の前に最大201インチの大画面が広がります。折りたためばサングラスより少し大きいくらいで持ち運びもラク。

「エレクトロクロミック調光」が搭載されており、メガネのボタンを押すだけで遮光率を変化させて、いつでも快適に画面が見えるようになっているのもGood。

この記事ではXREAL Air 2 Proの特徴や使用感について、詳しくレビューしていきます。

製品評価
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
XREAL Air 2 Proの特徴
  • シリーズ唯一のエレクトロクロミック調光を搭載
    • ボタン1つで0%・35%・100%で濃度調節できる
  • USB-Cケーブル1本で接続、目の前に201インチの大画面
  • スピーカー搭載なので単体で動画も楽しめる
  • 重量はたったの75g、重量バランスもいいので疲れない
  • 片目フルHD(1,920×1,080)で見やすさ良好
  • アクセサリと合わせればゲーム機やPCでも使える
  • TÜV Rheinlandの認証あり、目の負担に配慮
メリット
デメリット
  • エレクトロクロミック調光は必須
  • ケーブル1本で自分だけの大画面が楽しめる
  • 通常のモニターと同レベルの見やすさ
  • コンパクトな荷物で持ち運べる
  • 映画を楽しむのにも十分なスピーカー
  • バッテリー消費は少ない
  • 長時間使っても違和感のないかけ心地
  • 画面が追従してしまう(揺れが原因で酔う可能性がある)
  • 長時間使用はできるが、人間が耐えられるかは微妙
  • 画面透過させながら別の作業をするのは厳しい
XREAL
¥61,980 (2024/01/02 17:03時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

XREAL Air 2 Proの特徴・仕様

XREAL(エックスリアル)は中国北京で設立されたARグラスの専業メーカーで、以前はNreal(エンリアル)という名前でした。2017年の創業から成長し続け、2023年Q3にはARグラス市場で50%以上のシェアで業界トップになっています。

今回紹介するXREAL Air 2 Proは、スマホやタブレットと接続して使うメガネ型のARグラス。ケーブル1本接続するだけで使える手軽さと、メガネサイズのコンパクトさが何よりの魅力です。

XREAL Air 2 Proの特徴
  • シリーズ唯一のエレクトロクロミック調光を搭載
    • ボタン1つで0%・35%・100%で濃度調節できる
  • USB-Cケーブル1本で接続、目の前に201インチの大画面
  • スピーカー搭載なので単体で動画も楽しめる
  • 重量はたったの75g、重量バランスもいいので疲れない
  • 片目フルHD(1,920×1,080)で見やすさ良好
  • アクセサリと合わせればゲーム機やPCでも使える
  • TÜV Rheinlandの認証あり、目の負担に配慮

本体にはバッテリーやセンサーなどは内蔵しておらず、おかげで重量はたったの75g。長時間使っていても負担が少ないので、ベッドに寝転びながら映画鑑賞やゲームをしたりなんて使い方にピッタリです。

外部モニター用途として考えると、モバイルモニターにくらべて圧倒的に少ない荷物で使えます。大きなバッグは必要なく、サコッシュやボディバッグだけで大画面を持ち運べて快適です。

XREAL Air 2/Air 2 Proの違いは?

同時期に発売されたXREAL Air 2/Air 2 Proの違いは、Proのみエレクトロクロミック調光を搭載していること。

解像度や視野角、明るさなど性能面の違いはまったくないため、「調光が必要か否か」だけが2機種を選ぶポイントになります。

カクタケイ
カクタケイ

エレクトロクロミック調光を搭載している分、Proのほうが3gほど重いです。

商品名Xreal Air 2 ProXreal Air 2
エレクトロクロミック調光あり
0%・35%・100%の3段階
なし
重さ75g
(Air 2比:+3g)
72g
ディスプレイ性能SONY製
0.55インチ Micro-OLED
SONY製
0.55インチ Micro-OLED
解像度片目:1,920×1,080
両目:3,840×1,080
片目:1,920×1,080
両目:3,840×1,080
明るさ最大500nit最大500nit
視野角4646
画素密度(PPD)4949
リフレッシュレート最大120Hz最大120Hz
価格61,980円
(Air 2比:+7,000円)
54,980円
商品ページ
出典:XREAL公式サイト【Air 2/Air 2 Pro】

↑目次に戻る

XREAL Air 2 Proの外観

XRAEL Air 2 Proのパッケージ

さっそくXREAL Air 2 Proを開封していきます。パッケージは独特の模様でした。

写真手前にある破線部分を切り取るスタイルで、一度破ってしまったら元には戻りません。パッケージを保管しておきたい人はカッターなどで破線を丁寧に切るのが良いでしょう。

XRAEL Air 2 Proのパッケージを開いた様子

切り取り部分を外して箱を展開していくと花が開くようにパッケージが開きます。

中央にあるのは付属品のケースで、XREAL Air 2 Pro本体やケーブルなどはここにすべて入っていました。

XRAEL Air 2 Proのパッケージ内の内容物

インサートレンズや鼻あてなどの小物は、ケース下の厚紙に包まれていました。若干わかりづらい場所にあるので、間違えて捨ててしまわないように注意。

XRAEL Air 2 Proの内容物の様子

内容物を全て取り出しました。内容物はスッキリしている印象です。

XREAL Air 2 Proの内容物
  • XREAL Air 2 Pro本体
  • 遮光用シェード
  • 接続用ケーブル(1.25m)
  • ゼログラビティノーズパッド S・L(Mは本体に取り付け済み)
  • インサートレンズ用フレーム(ダミーレンズ付き)
  • クリーナークロス
  • 多言語リーフレット3種
  • 持ち運び・保管用ケース(写真には写っていません)
XRAEL Air 2 Proの付属ケースは黒いカプセル状のもの

付属品のケースはいわゆる薬のカプセルのような形をしています。表面はおそらくPUレザーで、スクラッチ耐性などが高そうなものを採用。タッチもしっとりしていて高級感があります。

コンビニで売ってるホットのペットボトルくらいのサイズ感でバッグに収まりやすい一方、XREAL Air 2 Proとシェード、ケーブルを入れただけでギリギリになるのが気がかりです。

遮光シェードには保護フィルムが貼り付けられています。

XREAL Air 2 Pro本体と遮光シェード。ゴツさはありますが、ぱっと見では普通のサングラスっぽいデザインです。

全体的に黒でまとめられており、スッキリとした印象です。

白い矢印は保護フィルムです。

レンズ部分を内側から見てみると、ただのサングラスではないのがわかります。

上部フレームに隠れている0.55インチのOLEDパネルに表示されたものが反射し、矢印の部分に投影されて表示される仕組みです。

鼻あては本体中央に下側から差し込んで固定されています。真下方向に引き抜くと、わずかな抵抗がありつつ外せます。S・M・Lの3種類が用意されているので、自分の顔に合ったものを選べばOK。

カクタケイ
カクタケイ

鼻あてはフレーム部分を指で曲げて鼻に合わせるのが推奨されています。(出典:取扱説明書

インサートレンズは、インサートレンズのフレームに鼻あてのフレームを差し込む形で固定します。

構造上、まぶたとインサートレンズの距離が近くなるので、ワンサイズ大きいノーズパッドを使った方がよくなるかも。

カクタケイ
カクタケイ

ボク自身もレンズなしではMだったんですが、まぶたがギリギリになってしまったのでLにして使っています。

左右のテンプル部分にはスピーカーが内蔵されているため、XREAL Air 2 Proを装着するだけで映画やYouTubeなどのコンテンツを楽しめます。

右側のテンプル下部にのみ、ボタンが3つ配置されています。このボタンの機能は後述しますが、XREAL Air 2 Proだけのエレクトロクロミック調光の切り替えは、ここのボタンで行います。

付属のケーブルはナイロンメッシュ被膜の細めのもの。映像出力用のケーブルとは思えないほどしなやかで、

長さは1.25mほどで、デスクやポケットに収められたスマホやPCなどに接続するなら十分な長さ。写真左下の角度がついているほうがXREAL Air 2 Proに取り付ける側です。

モバイルモニターに付属していたUSB-Cケーブルと比べると、XREAL Air 2 Pro付属のケーブルの細さがよくわかります。

先ほどのケーブルはXREAL Air 2 Proの左側テンプルの末端に差し込みます。

メガネを装着する際に下向きになるようにケーブルを差し込むだけです。奥まで差し込むとわずかな抵抗がありつつケーブルがはまります。よほどのことがない限り、装着中に抜けてしまうことはなさそうです。

XREAL
¥61,980 (2024/01/02 17:03時点 | Amazon調べ)

↑目次に戻る

XREAL Air 2 Proの使い方

XREAL Air 2 Proの接続方法や装着イメージ、エレクトロクロミック調光の濃度イメージを解説します。

XREAL Air 2 Proとの接続方法

XRAEL Air 2 ProをGalaxy Z Fold5と接続した

スマホやタブレット、PCなどとXREAL Air 2 Proをケーブルを直接繋ぐだけで、メガネをかければすぐに目の前に大画面が表示されます。

XREAL Air 2 Proを使うには、前提として母艦機がDP Alt Modeに対応したUSB-Cポートを搭載している必要があります。

DP Alt Modeに対応したUSB-Cポートがない場合、XREAL Air 2 Proを単体で動作させることはできず、別売アクセサリーの「XREAL Adaptor」「XREAL Beam」などが必要になります。

DP Alt Modeって?:USB-Cポートから映像出力できる機能。USBの必須機能ではないため、一部の機器でしか対応していない。

母艦機有線接続無線接続
USB-Cポート
DP Alt Mode対応
スマホ・タブレット・PCなど)
XREAL Air 2 Proと直接接続XREAL Beamを経由
USB-Cポート
DP Alt Mode非対応
スマホ・タブレット・PCなど)
×
(HDMIポートがある場合は1行下を参照)
XREAL Beamを経由
(AirPlay・Miracast・DLNAに対応している場合)
HDMIポート
(PS5・Nintendo Switch・PCなど)
XREAL Adaptorを経由XREAL Beamを経由
Lightningコネクタ
(iPhone/iPad)
XREAL Adaptorを経由
(Apple Lightning Digital AV Adapterを併用)
XREAL Beamを経由
出典:XREAL公式サイト
カクタケイ
カクタケイ

お使いのスマホ・タブレットなどがDP Alt Modeに対応しているかは、直接メーカーに問い合わせるのが確実です。

XREAL Air 2 Proの着用イメージ

XRAEL Air 2 Proをスヌーピーのぬいぐるみに装着した
XREAL Air 2 Proを装着しているのは、筆者ではなくスヌーピーのぬいぐるみです

実際に装着してみると、思った以上にサングラス感があり、新幹線やカフェなどのオープンスペースでも気にせず使えそう。

ちょっと目から浮いていたりケーブルが出ていたりと違和感はゼロではありませんが、ARグラスを知っている人でなければ気付かれることはなさそうです。

XRAEL Air 2 Proをカフェで装着した
イメージ写真撮影のためにマスクをつけました

昨日カフェにて実際に使ってきましたが、マスクまで装着してしまうとぱっと見は怪しい感じがします。

とはいえ他のお客さんにジロジロ見られることもなかったので、羞恥心さえなければ気にすることなく使えますね。

カクタケイ
カクタケイ

マスクを外せばサングラスをかけているだけのように見えます。多分。

XREAL Air 2 Proのテンプル調整方法

装着した際に表示の位置がイマイチ合わない場合、テンプルの角度を3.5°・0°・-3.5°の3段階で調節して使えます。

レンズ部分とテンプル部分をしっかりと持ち、結構な力で折り曲げると「パキッ」という音と共に付け根(赤丸部分)から動きます。

付属のセットアップガイドではメッキパーツより後方が動いているように描かれていますが、実際はテンプルの付け根部分から曲がる動くので要注意。

XREAL Air 2 Proのボタン操作

XRAEL Air 2 Proのボタンは3つ、多機能ボタンと輝度ボタン+、輝度ボタンーだけ

XREAL Air 2 Proの右側のテンプルに計3つのボタンが搭載。それぞれ以下のように動作します。

単押し2秒長押し4秒長押し
多機能ボタン調光濃度切り替え
(0%・35%・100%)
ディスプレイ
オン/オフ
なし
輝度ボタン +輝度を上げる
(音量を上げる)
2D/3Dモード
切り替え
USBオーディオを
DisplayPortオーディオに切り替え
輝度ボタン −輝度を下げる
(音量を下げる)
輝度ボタン/音量ボタン
切り替え
なし
出典:XREAL公式サイト

中でもよく使うのは多機能ボタンの単押し「調光濃度切り替え」と、輝度ボタンの単押し。

XREAL Air 2 Pro装着時の見やすさを大きく左右する部分なので、必然的に多用することになります。

カクタケイ
カクタケイ

他の機能はほとんど使っていません。音量調節もスマホ・タブレット側から行えば十分です。

XREAL Air 2 Proの見え方(エレクトロクロミック調光の濃度)

XREAL Air 2 Proでは多機能ボタンを押すだけで、レンズ部分の濃度を0%・35%・100%の3段階で調節でき、画面の見え方が変わります。

以下はあくまでもイメージ画像ですが、できる限り忠実に濃度がわかるように実際の見方を再現しています。

イメージ写真の想定条件
  • シチュエーション:屋内から窓の外を見た状態
  • 天候:明るめの曇天