Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

Tranya Nova レビュー:1万円以下で全部入り!音質・ANC・バッテリーなど抜け目なしの超コスパ完全ワイヤレスイヤホン

スマホ・タブレット関連
  • Tranya Novaが1万円以下のイヤホンの中でベストバイな理由
  • 実際に使ってみた素直な感想

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

もはや日常生活に欠かせない存在と言っても過言ではない完全ワイヤレスイヤホン。

その時流に逆らうことはできずAmazonなどのECサイトでは、比較的購入しやすい1万円以下の価格帯は激戦区といっても過言ではない盛り上がりになっています。

そんな中、新しく発売されたTranyaトランヤ Novaノヴァのクオリティが高く、「これがベストバイなのでは?」と感じるほどでした。

Tranya Novaは「12mmのダイナミックドライバー・最大-43dbのノイズキャンセリング・最長9時間の連続駆動」などの特徴をもった完全ワイヤレスイヤホンです。

その上マルチポイント接続やワイヤレス充電にも対応しており、1万円以下ながらも「全部入り」に仕上げられているんです。

カクタケイ
カクタケイ

「なんかコスパぶっ壊れてない?」と思ったのが第一印象だったり。

この記事ではTranya Novaの特徴や使用感について、詳しくレビューしていきます。

製品評価
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
Tranya Novaのレビュー
  • 音質:12mmのダイナミックドライバーの元気なサウンド!
  • ANC:電車でも集中して読書できるレベルの強力なノイキャン
  • 外部音取り込み:ほぼ完璧なクオリティで不快感なし
  • バッテリー寿命:映画もゲームもじっくり楽しめる長寿命
  • マルチポイント接続:同時接続できるから電話が来ても大丈夫
  • 通話の品質:風が強くても問題なし!
  • ゲームモード:ゲームにも使える低遅延モード搭載!

Tranya公式サイトはこちら

Tranya公式X(Twitter)はこちら

TRANYA
¥9,880 (2023/09/30 15:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事はTranya様に製品を提供いただき作成していますが、記事内容に関しての指示はなく、筆者が感じたことを率直にお伝えしていることを約束いたします。

スポンサーリンク

Tranya Novaの特徴・仕様

Tranyaは2015年に中国の深圳シンセンで設立されたオーディオ機器メーカー。

「誰でもいい音を楽しめるように」をコンセプトに製品開発をしており、歴史はまだ浅いもののAmazon.com(米国)におけるレビューを見る限りではどの製品も評判が良く、実力のあるメーカーであるのがわかります。

今回紹介するTranya Novaもそのコンセプト通りの製品で、1万円以下の低価格ながらも音質・ノイズキャンセリング・外部音取り込みなどのクオリティが高いイヤホンに仕上げられています。

商品名Tranya Nova
サイズ
(幅 × 高さ × 奥行き)
63 × 48 × 26 mm
重量イヤホン片側:4.65g
ケース込み:44.4g
ドライバー12mm
ポリマーコンポジットドライバー
BluetoothバージョンBluetooth 5.3
BluetoothコーデックaptX Adaptive
SBC
AAC
LC3(対応予定)
バッテリー持続時間
(ANCオフ)
イヤホンのみ:9時間
ケース込み:36時間
バッテリー持続時間
(ANCオン)
イヤホンのみ:6時間
ケース込み:24時間
充電方法USB-C
Qi規格でのワイヤレス充電
防水性能IPX5
価格
(公式資料より)
9,880円
出典 :Tranya公式サイト

Tranya Novaの外観

Tranya Novaのパッケージは、白基調にシルバーのロゴが印刷されている高級感のあるものです。

内容物はイヤホン本体やイヤーピースなど。

充電器は入っていませんが、スマホの充電器を使えばOKです。

内容物
  • Tranya Nova本体
  • 交換用イヤーピース(S・L)……Mは本体に装着済み
  • 充電用USB A to Cケーブル(20cm)
  • 取り扱い説明書

取扱説明書はほぼ完璧な日本語で書かれているので、使い方がわからずに困ることはなさそうです。

Tranya Novaはツヤツヤの濃紺色をしていて質感の高さが感じられます。

ケースの面にはバッテリーや接続確認に使われるLEDが、背面にはペアリングボタンがあります。

ケースの底面にはUSB-Cポートがあります。

Tranya Novaの充電はケーブルを接続する有線充電のほかに、Qi規格のワイヤレス充電に対応しています。

ケースのフタを開けると、イヤホン本体がお出迎え。

イヤホンはステム(通称うどん)のついたタイプ。

ステム最上部のロゴ付近がタッチセンサーになっているので、曲の再生停止などはイヤホンをタップすればOK。

タッチセンサーの動作

タッチセンサーの動作はデフォルトでは以下の通りです。

最大5回までのタップ操作ができ、アプリをインストールすることでLRともに自由に設定できます。

イヤーピースはS・M・Lが付属しているので、耳に合わせたものに交換できます。

本体側は楕円形になっているので、市販品のイヤーピースを購入する時は気をつけたほうがいいかも。

カクタケイ
カクタケイ

金属メッシュでほこりが入らないようになっていて、いつまでもキレイなまま使えそうです。

Tranya Novaはぱっと見で大きそうに見えますが、AirPods Proと並べてみると本体もケースもそこまで差がありませんでした。

イヤホンはケース込みで44g、片側は5g未満(公称4.65g)となっています。

本体はIPX5の防水に対応しているので、ランニングなどのワークアウト時にも活用できます。

Tranya Novaは専用のアプリ「Tranya Audio」を使うことでタッチ操作やイコライザーの調整が行えます。(iOS・Androidともに対応)

後述しますが、Tranya Novaの音を最大限楽しむにはアプリが必須な印象でした。

アプリでできること
  • 音質調整(イコライザー設定)
  • モード切り替え(ノイズキャンセリング・外部音取り込みなど)
  • ゲームモードの切り替え
    • 最低40msの超低遅延モードに変更できる
  • ファームウェア更新
  • デバイスを探す
カクタケイ
カクタケイ

昨今のアプリにしては珍しく、アカウント登録なしでも使えるのでぜひ。

Tranya Audio

Tranya Audio

2023 Shenzhen Quangu Technology Co., Ltd無料posted withアプリーチ

TRANYA
¥9,880 (2023/09/30 15:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

↑目次に戻る

Tranya Novaの使用感をチェック

Tranya Novaの使用感をチェックしていきます。

音質:12mmのダイナミックドライバーの元気なサウンド!

12mmドライバーを搭載しているだけあって、しっかりしたサイズ感をしている

Tranya Novaは12mmのダイナミックドライバーを1基搭載しており、そのサウンドは予想通り低音がしっかりと出ている元気なもの。

ファーストインプレッションの時点では、流行りの音楽を聞いたりするのにはピッタリな音だと感じます。

ただその印象はかなり限りのあるもので、Tranya Audioアプリからイコライザーを使うことで、大きく性格を変えてくれます。

イコライザーのデフォルトには「バランス」「低音ブースト」「低音を弱める」「音声強化」が用意されていますが、中でも「バランス」はTranya Novaの音の良さが際立つのでぜひ使ってみてもらいたいもの。

もちろんカスタムEQも用意されているので、自分好みの音質に調整して使うことも可能です。

カクタケイ
カクタケイ

イコライザー設定で豹変するので、うまく活用すると音楽を聴くのが楽しくなりますよ!

ANC:電車でも集中して読書できるレベルの強力なノイキャン