パイロットカスタム845は日本の伝統が詰まった万年筆だ【愛用レビュー】

文房具
スポンサーリンク
なやむ人
なやむ人

カスタム845はどんな万年筆ですか?

特徴が知りたいです。

また使う時の注意点などあれば知りたいです。

この記事では、そんなあなたの疑問を解決します。

この記事の内容
  • パイロット カスタム845の特徴
  • パイロット カスタム845の良いところ・気になるところ
  • パイロット カスタム845はこんな人にオススメ

【この記事の信頼性】

カクタケイ
カクタケイ

こんにちは、カクタケイです。

1:万年筆大好き28歳
2:一時は100本以上の万年筆を所持
3:今は30本ほどに絞り、万年筆ライフを楽しんでいる

この記事を読むと、カスタム845の良さがわかります。

カスタム845は、パイロットが作る、日本の伝統が詰まった万年筆です。

その理由を、日本大好き&カスタム845大好きなボクが、わかりやすく解説します。

それでは、みていきましょう。

PILOT
¥52,250 (2022/02/20 00:35時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

カスタム845は、日本の伝統が詰まった万年筆だ

エボナイト軸を漆塗りした「芸術品」

ツヤツヤのボディが特徴のカスタム845。今では朱漆のモデルも存在している。

カスタム845の何よりの特長は、その仕上げ。

「エボナイト」と呼ばれる天然樹脂に、「日本製の漆」を3層重ね塗りされています。

  • エボナイト → 世界最古の人工樹脂。今はほとんど作られていない。
  • 漆 → 国内で使用される漆の98%は海外産。日本産の漆は、もうほとんどない。

カスタム845は、これらの材料を贅沢に使って作られた「芸術品」でもある万年筆です。

カクタケイ
カクタケイ

装飾を派手にしたり、色鮮やかな樹脂を用いたりせず、

純日本的価値観で作られた、素敵な万年筆です。

ディテールを確認

ライトの点々が反射しているのに、お気づきだろうか。漆の柔らかい反射が特徴。

軸を見てみると、ライトの反射のおかげで、表面がツヤツヤなのが分かります。

ツヤには奥行きも感じられ、樹脂仕上げの万年筆とは違うところですね。

万年筆全体のデザインばかり気になるが、ペン先も手が込んでいる。

ペン先は、18金のバイカラー仕上げです。

内側が島状にロジウムメッキされている、他社ではなかなか見ない仕様です。

キャップも装飾が非常に少ない。黒が深い分、金メッキが映える。

キャップはシンプルながら品のある仕様になっています。

上下に配されるリングや漆のもたらすツヤで、控えめな装飾でも高級感を演出しています。

また、クリップの先端の玉が、パイロットの万年筆らしいポイントです。


カスタム845は、装飾ではなく「純粋な質感」で勝負を仕掛けている、実に日本らしい万年筆です。

カスタム845を購入した経緯

ボクがカスタム845を購入したのは、「国産万年筆のフラッグシップを使ってみたかったから」です。

購入当時に比較したのは、この3本。

  • パイロット カスタム845
    • エボナイト製 + 漆塗り仕上げ
    • 18金ペン先
  • セーラー キングプロフィットST
    • 樹脂製 + 磨き仕上げ
    • 21金ペン先
  • プラチナ万年筆 出雲 溜め塗り
    • エボナイト製 + 漆塗り仕上げ
    • 18金ペン先

この中から、カスタム845を選んだのは以下の理由です。

  1. 「エボナイト + 漆塗り仕上げ」に惹かれた
  2. ペン先に適度な柔らかさがあった
  3. 首軸と胴軸に段差がなく、持ちやすい

上記の理由から、カスタム845を購入しました。

PILOT
¥52,250 (2022/02/20 00:35時点 | Amazon調べ)

カスタム845の良いところ

  • その①:安定して書ける
  • その②:日本らしい趣のある万年筆

カスタム845の良いところを解説します。

その①:安定して書けるバランス感

カスタム845は、長時間安定して書き続けられる万年筆です。

  1. 軸が軽い+長い
  2. ペン先のしなりが適度

理由は2つ。それぞれ解説します。

1:軸が「軽く・長い」

カスタム845の軸は、「軽く・長い」です。

軸の長さは特筆すべきもので、キャップを外して筆記する際にも、ブレずに安定して使える長さになっています。

#3776センチュリーと比較してみると、ペン先付近を持った状態の違いは歴然。

カスタム845は、長さに余裕があるので、自分の好みの位置を持って使えます。

キャップをつけても、つけなくても、好きな場所で持てる。ちなみにボクは、キャップを刺さないで使う方が好き。

試しに、キャップをつけてペンの真ん中あたりを持っても、まだまだ余裕がありますね。

カクタケイ
カクタケイ

これだけ自由に持てる万年筆は、中々珍しいです。

万年筆の種類軸の長さ(全長)重量
パイロット カスタム845147mm28g
モンブラン 149148mm32g
ペリカン M1000147mm34g
競合する、他社製フラッグシップ万年筆のスペック。カスタム845は、ほかのメーカーより重量が軽い。

それでいてカスタム845は、軸の長さから考えると、軸重が軽い部類です。

「安定感があるのに疲れない」

カスタム845は、そんな不思議なバランスをもつ万年筆です

2:ペン先のしなりが適度

カスタム845のペン先には、大型の18金ペン先が使われています。

#3776センチュリーのペン先と比べても大きい。ペン全体の重厚感をアップしてくれる。

このペン先の大きさは、「1万円台とは思えない大きさのペン先を持つ」#3776センチュリーより大きいものです。

くわえて、硬めのペン先ながらしなりもあるので、余分な筆圧を吸収してくれるんです。

過度なしなりではないので速記にも対応しており、どんな状況にも安心して使えます。

カクタケイ
カクタケイ

どちらかというと、実用的な部類の硬さです。

細めのペン先を選べば、手帳などで実用するのにも使えますよ。


これら2つの特徴から、カスタム845は安定して書くために生まれた万年筆だなと感じます。

その②:日本らしい趣ある万年筆

カスタム845のキャップ裏側のURUSHI文字
さりげなく墨入れされている、キャップリングの刻印。そこには、誇らしい「MADE IN JAPAN」の文字が。

カスタム845には、日本らしい趣が詰まっています。

  • 3層の漆塗りの軸
  • 墨入れされたキャップリング
  • さりげないメッキリングを配した天冠

全体的に、主張しすぎない高級感があります。

特に、重ね塗りされた漆の艶やかさは特筆もの。自社で漆職人を抱えているパイロットならでは。

他社にも漆塗りの万年筆はありますが、メーカーの量産品でこのクオリティは驚きです。

キャップの口付近に、フェルトが張られている。漆に傷つかないように配慮するその心意気が素晴らしい。

またデザイン以外でも、キャップ内側には傷防止フェルトが貼られており、キャップを尻軸にさしてつかっても傷がつきません。

ここまで丁寧に、細部まで配慮されている万年筆は、他にはまだ見たことがないです。

カクタケイ
カクタケイ

ちなみに、漆は英語で「JAPAN」と言うんですよ。

日本らしさを求めている人にはピッタリですね。

PILOT
¥52,250 (2022/02/20 00:35時点 | Amazon調べ)

カスタム845の気になるところ

  • その①:漆塗りなので、管理に気を使う必要がある

カスタム845にも、気になるところが1つだけあります。

その①:漆塗りなので、管理に気を使う必要がある

キャップにさりげなく金粉仕上げされた「URUSHI」の文字。使い続けていたら、薄くなってしまった。

カスタム845には漆が使われているので、管理が少しだけシビアです。

特に紫外線には注意が必要で、漆の変質を招く原因に。

また、ゴムバンドもエボナイトが劣化する原因になるので、極力触れさせないのが理想です。

カクタケイ
カクタケイ

カスタム845は、持ってるだけで大変だね…。

なんか良い対策はないかな?

左からグラフギア1000、カスタム845、ジェットストリーム4色ペンです。細いペンから太いペンまで、割と何でも入ります。

ボクは、同じくパイロットのペンサンブルに入れて持ち運んでいますが、ゴムバンドなどもなく、ペン同士がぶつかる心配もないのでオススメです。

かなり太めのペンにも対応しているので、カスタム845はもちろん、4色ボールペンなんかも入れられますよ。

カスタム845はこんな人にオススメ

  • 日本らしい万年筆が欲しい人
  • 国産最高峰に触れたい人
  • 良質な実用品が欲しい人

カスタム845は、上記の人におすすめです。

ボクは「日本らしい万年筆が欲しい」と思って購入しただけなのですが、使えば使うほど良さが感じられたのが驚きでした。

特に表面の漆は素晴らしく、見ていて美しいツヤと、手に吸い付くような持ち心地が得られます。

カスタム845は、購入して後悔する事なし。ほかの万年筆で得られない良さがありますよ。

カクタケイ
カクタケイ

今では比較的高価な万年筆ながら、ガシガシ実用しています。

万年筆としてのバランスが素晴らしく、シッカリと実用品なんですよ。

PILOT
¥52,250 (2022/02/20 00:35時点 | Amazon調べ)

競合する万年筆はこの3本

  • その①:パイロット カスタムURUSHI
  • その②:中屋万年筆 ポータブル
  • その③:プラチナ万年筆 出雲 溜塗り

主に競合するのは、この3本です。

「エボナイト+漆塗り」を共通点として、選出しています。

その①:パイロット カスタムURUSHI

PILOT
¥87,120 (2022/02/20 01:25時点 | Amazon調べ)

カスタム845より上位の、パイロットのフラッグシップ万年筆です。

845を一回り大きくしたイメージの万年筆ですが、まったく異なるのがペン先の柔らかさ。

カスタムURUSHIは、845とは異なる「趣味の万年筆としての立ち位置」を狙っており、非常に柔らかいペン先を採用しています。

ペン先が柔らかい分、ゆったりとペン先の柔らかさを楽しみつつ、味のある字が楽しめますよ。

軸も、とても太く大きいので、腰を据えて万年筆の書き味を楽しみたい人にオススメです。

その②:中屋万年筆 ポータブル

中屋万年筆

中屋万年筆。このメーカーが作る万年筆は、全て職人のハンドメイドです。

「ロング」や「ピッコロ」などと、長さなどでモデルが分けられており、中でも「ポータブル」が競合にあたります。

長さや太さはカスタム845に近いサイズで、少し高価ながらも、実用しやすい万年筆です。

モデルやペン先など、全てオーダーメイドなので、あなただけの万年筆をお願いできますよ。

その③:プラチナ万年筆 出雲 溜塗り

プラチナ万年筆
¥52,616 (2022/02/20 02:10時点 | Amazon調べ)

出雲は、プラチナ万年筆の技術を見せるために作られた万年筆です。

カスタム845や中屋のポータブルと大きく異なるのは、そのフォルム。

滑らかに太さが変化しており、まるで生き物のようにも見える万年筆です。

ペン先は18金ですが、かなりガチガチです。万年筆の大きさも、カスタム845より一回り大きくなっています。

この万年筆も、カスタムURUSHIの様に、腰を据えて使いたい人にオススメです。

まとめ:カスタム845は、日本の伝統が詰まった万年筆だ

今回は、パイロット カスタム845についてでした。

カスタム845は、エボナイトや漆などの手の込んだ素材を使いつつ、シッカリと実用出来る作りをしているのが魅力的な万年筆です。

もちろん決して安価ではないですが、万年筆は一生モノ。

漆は皮革製品と同じで、丁寧なメンテナンスをすれば、いつまでもキレイに使えます。

上質なモノをメンテナンスしながら使っていくオトナの世界に、あなたも踏み込んでみませんか?

カクタケイ
カクタケイ

カスタム845は、手の込んだ作りながらシッカリ使える実用万年筆です。

ちょっとお高いですが、日本の伝統が感じられる万年筆を使ってみませんか?

PILOT
¥52,250 (2022/02/20 00:35時点 | Amazon調べ)

この記事を読んだあなたには、こちらもオススメ

Amazonでお買い物するなら、Amazon Masterカードがオトク!

  • 2%の高還元率!(プライム会員の場合)

  • コンビニでも1.5%ポイント還元
  • 年会費永年無料

  • 最短即日で使える

  • 新規入会で7,000ポイントプレゼント

\最短即日審査でつかえる/

※年会費は永年無料、ETCカードも永年無料です。

タイトルとURLをコピーしました