Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

FlexiSpot E7Hレビュー:耐荷重160kg!最強の安定感を誇る電動昇降デスク

4.5
デスク・ルーム環境

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(𝕏:@kakutakei)です。

「電動昇降デスク」と言えば真っ先に思いつくのがFlexiSpotフレキシスポット。全世界で累計160万台以上の昇降デスクを販売しているので、デスクを調べたことのある人は1度くらい目にしたことがあるはずです。

そんなFlexiSpotから新作の電動昇降デスクFlexiSpot E7Hが登場したので、レビューしていきます。

FlexiSpot E7Hは同社の他の電動昇降デスクよりも優れた160kgの耐荷重を実現。大型モニターやデスクアイテムを思う存分のせてもまったく問題ない安定感を誇ります。

デスクの脚も安定感とスペースの有効活用を両立した形になっていて実用性もバツグン。「電動昇降デスクを買うならこれ一択!」とも言えるほど完成度の高い製品でした。

この記事ではFlexiSpot E7Hの特徴や使用感について紹介していきます。

FlexiSpot E7Hの特徴
  • 作業姿勢を変えられるから体の負担を減らせる
  • 160Kgの耐荷重で安定感バツグン
  • 見た目とデザインを両立した脚形状
  • ケーブルマネジメントツールが付属
  • 天板と脚の組み合わせは自由自在
  • 「4メモリ+ロック機能+USB充電」の多機能コントローラー
  • 安心の公式サイト
  • 送料無料(一部地域除く)
  • 組み立て代行オプションあり
FLEXISPOT
¥80,300 (2024/03/20 19:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事はFlexiSpot様に製品を提供いただき作成していますが、記事内容に関しての指示はなく、筆者が感じたことを率直にお伝えしていることを約束いたします。

スポンサーリンク

FlexiSpot E7Hの特徴・仕様

FlexiSpot E7Hの特徴・仕様について紹介します。

商品名FlexiSpot E7H
脚幅調整範囲110〜190cm
昇降範囲63.5〜128.5cm
昇降速度40mm/s
耐荷重160kg
脚段階三段階(ピラミッド)
機能USB・メモリ×4・ロック・障害物検知
パネルタイプUSBハブ搭載多機能コントローラー
モーターデュアルモーター
対応天板幅120〜200cm×奥行き60〜80cm×厚み≥2cm
カラーバリエーションブラック
ホワイト
出典:FlexiSpot
FlexiSpot E7Hの内容物
  • FlexiSpot E7H 本体フレーム
  • マグネット式ケーブルホルダー
  • ケーブルトレー
  • ケーブルクリップ
  • 面ファスナー
  • 天板(セットで購入した場合)

作業姿勢を変えることで体の負担を減らせる

FlexiSpot E7Hは63.5cm〜128.5cmの間で自由に高さを調節可能。その時の作業内容や体調に合わせて最適な状態で使えるので体に無理をさせる必要がなく、体の負担を減らして作業することができるんです。

デスクワークでは座りっぱなしになりますが、近年、厚生労働省からも座りっぱなしによる健康リスクの警鐘がならされているくらい長時間座り続けることの健康リスクは重大であると考えられるようになってきました。

E7Hの昇降機能を使えば、適度に立ったり座ったりと姿勢を切り替えることができるようになり、結果的に健康な体を維持することにもつながります。

一般的なデスクより低くできる

また、デスクの高さを自由に変えられるので、デスクワークに最適な作業姿勢がとりやすくなるのも大きな魅力。

一般的な高さ70cmのデスクでは、身長が低すぎても高すぎてもイマイチ使いづらい欠点がありましたが、FlexiSpot E7Hなら自分の身長に合わせた理想の高さにできるんです。

ボクの身長は167cmと低めなこともあって、今まで使っていたかなでもののデスク(天板込み72cm)はわずかに高かったため、最適な作業姿勢がとれないもどかしさを感じていました。

ですがFlexiSpot E7Hを使い始めてからはデスクを低めにできたため、やっと理想の作業姿勢がとれるようになりました。

160Kgの耐荷重で安定感バツグン

出典:FlexiSpot

FlexiSpot E7Hの耐荷重はなんと160kg。同社の一般的なフレーム(E7Qを除く)の中では最大の耐荷重なんです。

フレームの種類E7HE7E7 Pro E8参考
E7Q(Odin)
耐荷重(kg)160125100125200
出典:FlexiSpot

160kgというと想像しづらいですが、フレームの上に成人男性が2人のっても大丈夫なほど。

デスク上にゲーミングPCを置くセットアップやマルチモニター環境を構築してもまったく問題ないので、デスク環境にこだわっている人にとってはベストな昇降デスクフレームになっています。

カクタケイ
カクタケイ

耐荷重が高いこともあって安定性も抜群です!

見た目とデザインを両立した脚形状

出典:FlexiSpot

FlexiSpot E7Hのフレームは「エ」と「コ」のいいとこどりをした脚形状。

支柱が奥側に寄っているのでフレーム下のスペースを有効活用しやすく、1番奥に支柱が来るコの字型フレームより安定感があるのが特徴です。

デスクにモニターなどを置いていくとどうしても奥側に荷重が集中しますが、支柱も奥側にあるのでバランスが崩れることもなし。

また、フレームがデスクの中央より奥に通っているため、座っている状態でヒザとフレームが触れることがないという地味なメリットもあります。

カクタケイ
カクタケイ

FlexiSpot E7のレビューで「フレームが足に当たる」というコメントがありました。人によっては気になるポイントなので、そもそも当たりにくいE7Hはアリですね。

ケーブルマネジメントツールが付属

付属のケーブルマネジメントツールを使うだけで、最低限のケーブルだけが出ているだけのスッキリ環境を作れる

FlexiSpot E7Hにはケーブルマネジメントツールが付属。買ったらすぐに配線整理しつつデスクを構築できます

付属しているケーブルマネジメントツール
  • マグネット式ケーブルホルダー
  • ケーブルトレー
  • ケーブルクリップ
  • 面ファスナー

ケーブルトレーを別に用意すると5,000円ほどかかりますし、面ファスナーやクリップも合わせて1,000円以上します。

しかも別に用意しようとすると「デスクが届いたのにケーブルトレーが届かない」「取り付けできなかった」なんてトラブルになることも。

ボク自身も過去にケーブル整理を自分でイチからやりましたが、配線整理アイテムを考えて用意するのは地味に大変でした。

なので、ケーブルマネジメントツールが最初からついてくるのはめちゃくちゃありがたいんですよね。

カクタケイ
カクタケイ

配線整理のコツなどはこちらの記事にまとめています。

天板と脚の組み合わせは自由自在

FlexiSpot E7Hはフレームと天板を自由に組み合わせられるので、自分の趣味嗜好にあわせた理想のデスクセットアップが実現可能です。

フレームは白と黒の2種類。どちらを選んでも性能は同じなので、好きな色を選べばOK。

天板はメラミン化粧板や無垢材、革張り、竹などのさまざまな種類から選べます。サイズも120cm幅から最大180cm幅まで用意されているので、自分好みのデザインとサイズを選べます。

ボクが今回選んだのは白のフレーム+ゴムの集成材天板

天板は表面はツヤツヤのクリア塗装が施されていて質感は高め。軽く叩いてみても密度が高そうな音が返ってくるので、しっかりと強度のある高品質な材料をつかっているのが感じられます。

「4メモリ+ロック機能+USB充電」の多機能コントローラー

左側には上下昇降とメモリー記録ボタン、右側には4つのメモリーボタンがある。中央の空白部分は、昇降機能を使ったときに高さの数字が表示される。

FlexiSpot E7Hのコントローラーは4つのメモリとロック機能、USB充電とかなりの多機能。手元の好きな位置に設置できるので、使い勝手はバツグンです。

操作はイラストで描かれているので、初めて昇降デスクを使う人でもわかりやすい仕様。昇降ボタンは長押しすることで昇降スピードが変わるので、一気に上げ下げしたい時でもストレスなく使えます。

高さメモリが4つもあるので、座っている時+立っている時の2つを登録してもまだ余裕。自分だけでなく誰かとデスクを共用したりするのもアリですね。

昇降のロック機能もあるので、好奇心旺盛なお子さんがいる家庭でも安心。しかも4秒ほど長押ししないと解除されないので、よほどのことがない限り勝手に解除されてしまう心配もほぼありません。

コントローラー右側面にはUSB-Aポートがある。出力は低めなのでイヤホンなどの充電に使うのがいい。

USB充電(USB-Aポート)は5Wほどの控えめな出力なので、スマホやタブレットを充電するのには不向き。ワイヤレスキーボードやイヤホンなどの充電につかうのがよさそうです。

カクタケイ
カクタケイ

出力が低くても手元の充電器があるのとないのは大違い!めちゃくちゃ便利なので1つだけでもあるのは嬉しいですね!

FLEXISPOT
¥80,300 (2024/03/20 19:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

↑目次に戻る

FlexiSpot E7Hのレビュー

FlexiSpot E7Hを実際につかって感じたことをレビューしていきます。

FlexiSpot E7Hの良いところ

FlexiSpot E7Hの良いところを4つ紹介します。

耐荷重160kgはダテじゃない、圧倒的な安定感

大型モニターやライト類などたくさんのアイテムを設置しているが、ビクともしない安定感を誇る

FlexiSpot E7Hを使い始めて特に気に入っているのが安定感の良さ。耐荷重が高いので、たくさんのデスクアイテムを置いてもビクともしません。

ボクはE7Hにゴム集成材天板(17kg)やINNOCN 40インチウルトラワイドモニター(10kg)、モニターアーム(3.4kg)、MacBook Pro 16インチ(2.2kg)スピーカー(1.3kg)etc…といろいろ置いていますが、それでもおそらく50kg未満。160kgの耐荷重の前ではあってないようなものですね。

もしこれにゲーミングPCや2枚目のモニターを置いたとしてもまだまだ余裕。重めのゲーミングキーボードやガラス製マウスパッド、間接照明などを置いてもまったく問題なく使えます。

カクタケイ
カクタケイ

むしろデスク上に160kg分のものを乗せるのが大変なレベル。普通の使い方なら100kgにすら満たなさそうです。

このデスクで毎日ゲームやブログ執筆を行っていますが、全体的に縦横ともに揺れは少なめなので、揺れを抑えるために壁にくっつけてデスクを設置する必要もありません。アイランド型デスクを構築するのもアリかも?と思ったり。

唯一、モニターアームに取り付けているウルトラワイドモニターがわずかに揺れてしまいますが、アームの先に10kgのおもりがついていると考えれば、すこしの揺れはしょうがないかなと。

実用性が高い脚形状、スペース効率と見た目のスッキリさを両立

FlexiSpot E7Hの脚形状は、コの字に近いフレーム形状かつ土台部分が薄く作られているスタイリッシュなもの。スペース効率と見た目のスッキリさを両立しているので、実用性はバツグンです。

CPUスタンドやキャスター付きのラックなら脚をまたいで設置できるので、エの字型フレームのE7やE8では難しかったデスク下スペースの有効活用も可能。

もちろんデスク下に何も置かないことで、足元の視界の抜けを意識するのもアリ。

支柱が奥側にあるおかげでスッキリとした見た目になっているので、デスク特有のボリューム感のある見た目を軽減し、部屋の雰囲気を軽くすることにも貢献してくれます。

カクタケイ
カクタケイ

ボクは当初CPUスタンドを置いていましたが、今はデスク脇のスペースにズラしています。支柱が奥側なので、デスク自体がスッキリ見えて気に入っています。

常に最適な高さで使える、集中力の維持と疲労度の軽減

すがすがしく晴れた朝だったが、すこし眠かったのでスタンディングにして作業した

FlexiSpot E7Hは作業にあわせた最適な高さに調節できるおかげで、作業中の体の疲れを最小限に抑えられているんですよね。

眠いときにはスタンディングにして目を覚ましたり、集中したい時には着座姿勢にしたり。その時々の体の調子に合わせられるのは一般的なデスクでは難しいので、昇降デスクのメリットをありありと体で感じてます。

FlexiSpot E7Hの昇降スピードはシリーズ最速の40mm/秒なので、気分を変えたい時に待つことなく使えるのもGood。

座っている状態から立っている状態に変える場合でもたったの10秒ちょっとで動作してくれるほどスピーディなので、「とりあえず一旦立ってスッキリするか……」なんてときでもすぐに高さを変えられます。

個人的に気に入っているのが、PC作業と書き仕事の時に高さをわずかに変えられること。書き仕事をする時は少しだけPC作業時より高さをあげたほうがラクなんですよね。

こういった数cmだけの高さ調整なんて贅沢な使い方もFlexiSpot E7Hなら可能。メモリ機能もあるので常に快適に作業できるように環境を維持できます。

駆動時の騒音はほとんど気にならない

FlexiSpot E7Hは昇降時にモーターの音がしますが、その音はほぼ気にならないレベルの静かなもの。

朝一や深夜など、家族が寝ている時間でも使うのも問題なさそうです。

FLEXISPOT
¥80,300 (2024/03/20 19:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

↑目次に戻る

FlexiSpot E7Hの気になったところ

FlexiSpot E7Hの気になったところを2つ紹介します。

同社の他モデルより最低高が高い

フレーム+天板+カグスベールで67.5cm(実測)の最低高になっている

FlexiSpot E7Hは最大160kgの耐荷重というという強烈なメリットがある反面、同社の他のモデルより最低高が下がらなくなってしまったデメリットがあります。

E7Hの最低高は63.5cmですがE7では58cm、E7/ProやE8では60cmだったことを考えると、70cm以下にできるだけでもありがたいと思う反面、ちょっとばかりE7Hの高さが目立ってしまうんですよね。

ちなみに上記の数字はどれもフレームのみなので、天板などを乗せたりするとそれぞれ最低高は以下の数値になります。

E7HE7E7ProE8
フレーム単体63.558.060.060.0
フレーム+天板
※2.5cm厚の天板と仮定
66.060.5