Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

コクヨ 収納ボックス NEOS レビュー:オシャレで生活感をなくすシンプルなダンボール製収納アイテム

4.0
デスク・ルーム環境
  • コクヨ NEOS 収納ボックスのメリット・デメリット
  • バンカーズボックスとの違い
  • 実際に使っている様子

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

生活をしているとどうしても避けられないのが物の収納。気づいたら物であふれかえってしまい、ジワジワと生活スペースが狭くなってきたりするのは日常茶飯事ですよね。

ボクも例に漏れず、保管しておきたい物や一時置きしておきたい物で部屋が大惨事になってしまうことがあり困っていました。

カクタケイ
カクタケイ

ガジェットブロガーゆえにレビューする物の箱で部屋がとっちらかるんですよね……。

そこで役に立つのがコクヨ NEOS 収納ボックス。今回はクローゼット内と部屋で使うために、Lサイズを3つ導入しました。

右端に乗っている大きな箱が、コクヨ NEOS 収納ボックス

コクヨ NEOS 収納ボックスはダンボール製の収納製品。

ダンボールと聞くと「強度が低くてヤワそう……」と感じてしまいますが、Lサイズなら最大30kgfまで耐えられる強さがあり、仮置きだけでなくしっかりとした収納として活用できるんです。

実際に使い始めましたが、クローゼットの中にあったガジェットの箱などがまとめられ、部屋がキレイに片付くようになりました。

この記事ではコクヨ NEOS 収納ボックスの特徴や使用感について、詳しくレビューしていきます。

収納ボックスを活用するアイデアは「家活男子のススメ(@idnosusume)」さんより頂きました。YouTubeチャンネルもあるので、ぜひ一度ご覧ください!

製品評価
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
メリット
デメリット
  • 収納力はバツグン
  • 生活感がなくなるデザイン
  • 大切な物の保管にピッタリ
  • 汚れてしまっても交換すればOK
  • エッジで手を切らないように注意
コクヨ(KOKUYO)
¥1,065 (2023/08/08 09:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

コクヨ NEOS 収納ボックスの特徴

コクヨ NEOS 収納ボックスはダンボール製の収納ボックス。

プラスチック製のコンテナほど強くはありませんがダンボール製とはいえ侮れず、耐荷重はLサイズで30kgfとかなり強め。

素材の軽さを活かしてクローゼットの上段に収納したり、デザインを活かしてオープンラックや玄関先で使ったりと、マルチな使い方ができる製品です。

カクタケイ
カクタケイ

ちなみに「NEOS」は「NEW Office Standard」の略称とのこと。オフィス用だけあって信頼度はバツグンです。

製品名コクヨ NEOS 収納ボックス
材質ダンボール(古紙パルプ配合)
サイズ
(外寸法)
レギュラー:370 × 265 × 235 mm
レギュラーハーフ:370 × 265 × 117 mm
L:408 × 330 × 265 mm
M:204 × 324 × 265 mm
サイズ
(内寸法)
レギュラー:335 × 245 × 228 mm
レギュラーハーフ:335 × 245 × 110 mm
L:372 × 318 × 256 mm
M:192 × 312 × 256 mm
耐荷重レギュラー:約98N(約10kgf)
レギュラーハーフ:約49N(約5kgf)
L:約294N(約30kgf)
M:約98N(約10kgf)
カラーリングブラック・ホワイト

フェローズ バンカーズボックスとの違い

コクヨ NEOS 収納ボックスのライバル、フェローズのバンカーズボックスと比べてみました。

製品名コクヨ NEOS 収納ボックスフェローズ バンカーズボックス
ラインナップレギュラー・レギュラーハーフ・L・M703s・743s・705・701
(他にも多数あり)
サイズ
(外寸法)
レギュラー:370 × 265 × 235 mm
レギュラーハーフ:370 × 265 × 117 mm
L:408 × 330 × 265 mm
M:204 × 324 × 265 mm
703s:345 × 410 × 265 mm
743s:345 × 410 × 130 mm
705:410 × 410 × 315 mm
701:345 × 410 × 265 mm
サイズ
(内寸法)
レギュラー:335 × 245 × 228 mm
レギュラーハーフ:335 × 245 × 110 mm
L:372 × 318 × 256 mm
M:192 × 312 × 256 mm
703s:330 × 380 × 255 mm
743s:330 × 380 × 120 mm
705:390 × 380 × 30.5 mm
701:330 × 380 × 255 mm
耐荷重レギュラー:約98N(約10kgf)
レギュラーハーフ:約49N(約5kgf)
L:約294N(約30kgf)
M:約98N(約10kgf)
703s:約30kg
743s:約15kg
705:約30kg
701:703sの2倍以上

【コクヨ NEOS収納ボックスとバンカーズボックスのサイズ互換表】

製品名コクヨ NEOS 収納ボックスフェローズ バンカーズボックス
薄型タイプレギュラーハーフ743s
小型サイズレギュラーM
標準サイズL703s701
大型サイズ705

2つの製品の大きな違いはそのサイズ。

コクヨ NEOS 収納ボックスは最大でもLサイズの「408 × 330 × 265 mm」に対して、バンカーズボックスは705の「410 × 410 × 315 mm」になります。

大きい方が収納力は有利ですが、その反面、収納場所によっては大きすぎて入らない場合もあるので、使いたい場所の広さを調べてから購入したほうが良いでしょう。

そのほかの違いとして、コクヨ NEOS 収納ボックスのLのみ中仕切りが入っています。もし小物を収納しようと考えている場合は、コクヨ NEOSを選ぶのがオススメです。

カクタケイ
カクタケイ

性能はあまり変わらず、サイズが違う製品と考えておくのがいいですね!

コクヨ(KOKUYO)
¥1,065 (2023/08/08 09:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
フェローズ(Fellowes)
¥2,881 (2023/08/08 21:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コクヨ NEOS 収納ボックスを組み立て

コクヨ NEOS 収納ボックスは組み立て式なので、まずは組み立てていきます。

組み立て方は簡単で、説明書のイラストに従っていくだけです。

部品は全部で4つ。このうち2つは中仕切りなので、組み立てが必要なのは実質2つしかありません。

まずは本体の箱を広げながら底板を立てます。

側面板も折りたたんだ状態にしたら

底板を一時的に内側に持ち上げて、下から側面板を持ち上げます。

底板を戻したら箱部分が完成です。

フタは折りたたんで行くだけ。特に複雑な工程もありません。

ものすごく正直な話をすると、付属の説明書の解説はめちゃくちゃわかりやすく、ボクが画像付きで解説するほうが下手すぎて難しくなるほどです。

カクタケイ
カクタケイ

慣れれば1分以内に組み立てられるほどカンタンなので、不安になる必要はありませんよ。

コクヨ NEOS 収納ボックスの外観

完成したコクヨ NEOS 収納ボックスの外観を確認していきます。

今回購入したのはホワイト。表面はマットな質感になっており、ダンボール製ながら安っぽさはありません。

側面の短手側には取手があります。ここは折り畳まなければフラットなまま使えます。

取手部分はダンボールの折り返しがあるので三重になるので、重い物を入れて持ち上げてもここから壊れてしまう心配はなし。

カクタケイ
カクタケイ

ダンボールの波も縦方向になっているので、丈夫さは指折りです。

他にも側面には収納した物を書いておくスペースもあるので、クローゼットの棚の上などに置いても管理がしやすくなっています。

カクタケイ
カクタケイ

シーズン毎に洋服をまとめておけば箱ごと取り出して交換するだけなので、面倒な衣替えも即効で終わります。

付属品に書き込めるシールが1枚付いてくるので、途中から用途を変えても上貼りすれば紛らわしくなることもありません。

内側には中仕切りを装着することで、最大4分割までできるようになっています。

もちろん中仕切りを使わなくてもOK。その場合は壁側に沿わせて保管しておけば、もし使いたくなった時にもすぐ使えます。

↑目次に戻る

コクヨ(KOKUYO)
¥1,065 (2023/08/08 09:58時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コクヨ NEOS 収納ボックスのメリット

コクヨ NEOS 収納ボックスのメリットを4つ紹介します。

収納力はバツグン

コクヨ NEOS 収納ボックスの中で絞りのないシンプルな四角い形状なので、空間と容積を最大限活かすように物を収納できます。

ボクは1番大きいLサイズを購入したこともあり、その収納力の高さはバツグン。

大きくて場所をとってしまうので床置きになっていたレイコップ LITE(35×30cm弱)もすっぽりと収まるほどで、これ以上の大きくならなくていいかなと感じるほどです。