Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

【たったの3ステップ】初心者でも簡単な万年筆の選び方

仕事・生活

  • 『万年筆を使ってみたいけど、どう選べばいいの?』
  • 『カートリッジ式?吸入式?何が違うの?』
  • 『結局どの万年筆がオススメなの?』

文房具の世界では、空前の万年筆ブームが起きています。

その影響で『実際に万年筆を使ってみたい。』と思う方もいると思います。

ですが万年筆は奥が深く、少し調べただけだと『結局よくわからない…。』なんてことになりがちです。

この記事ではそんな疑問にお答えします。

今回は『万年筆を使ってみたい』と考えるあなたに、

  • 万年筆ってたくさんあるけど、どう選べばいいの?
  • 結局どれを買えばいいの?

を、わかりやすく解説します。

この記事を最後まで読んでいくと、万年筆の選び方とオススメの万年筆が分かります。

せっかく万年筆に興味をもったなら、実際に使ってみたいですよね。

それでは、早速解説していきます。

カクタケイ
カクタケイ

万年筆は使い心地がとてもいい筆記具なんです。

『難しそう』『よくわからない』『どれも同じじゃないの?』

この記事では、そんなハードルを無くしていきます。

もしスグに『オススメの万年筆が知りたいよ!』という方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

万年筆の選び方は?

結論から言うと、万年筆は、たった3つのステップで選んでいきます。

  • STEP1:ペン先の字幅
  • STEP2:日本製 or 海外製
  • STEP3:インクの供給方法

たった3つのステップで考えるだけで、自分にピッタリな万年筆を選ぶことができます。

カクタケイ
カクタケイ

『あれ、意外と簡単。』そうおもいませんか?

では解説に進みましょう。

STEP1:ペン先の字幅

万年筆はペン先が最も重要。ここですべてが決まるといっても過言ではない。

最初に考えるのは、『ペン先の字幅』です。

なぜなら『基本的に、ペン先の字幅は後から変更できない』から。

『買ったけど、自分の用途に適してなかった…。』なんてお蔵入りさせちゃうのは、もったいないですよね。

カクタケイ
カクタケイ

メーカー修理に出すことで、交換可能なメーカーもあります。

ですが、結構費用が掛かるので、あまりオススメしません。

具体的な字幅の選び方『自分が書く字のサイズから考える』

日本製の『F(細字)』で、5mm角の方眼に文字を書いてみる。十分細いが、それでも日本製の『製』が潰れかけているのがわかるだろうか。

『ペン先の字幅』を選ぶには、『自分がどれくらいの大きさの字を書くか?』を考えましょう。

  • 普段使う手帳やノートのサイズ
  • 自分の文字の大きさのクセ

小さい字を書く人は『細めの字幅』を。大きい字を書く人は『太めの字幅』がオススメです。

具体的な字幅は以下の通りです。

  • 細めの字幅:EF・F・FM
  • 太めの字幅:M・B・BB
カクタケイ
カクタケイ

自分が選ぶべき字幅がわかったら、次の選び方に進みましょう!

字の幅の読み方は?

万年筆の字幅の読み方は、基本的に以下のように決まっています。

代表的な字幅は、こんな感じです。

字幅の表記読み方
EF(極細字)エクストラファイン
F(細字)ファイン
FM(中細字)ファインミディアム
M(中字)ミディアム
B(太字)ブロード
BB(極太字)ブロードブロード
※メーカーによってラインナップ等は異なる場合があります。

STEP2:日本製 or 海外製

【左:日本製 右:海外製】ペン先の幅は3倍近い差があるが、どちらも『F(細字)』の表記で販売されている。

次に考えるのは、『日本製 or 海外製』です。

これは『日本製と海外製で、ペン先の太さが異なる』から。

特に差が大きいのが『細めの字幅』で、海外製の万年筆は、日本製ほど字幅が細くありません。

海外製の『F』は、日本製の『M』。海外製の『M』は、日本製の『B』に該当します。

『字幅がワンランク太いのと同じ』イメージですね。

カクタケイ
カクタケイ

これは、書く文字の違いが理由です。

日本は漢字を書くので細いペン先が必要ですが、

海外ではアルファベットなので、あまり細いペン先が必要ないんです。

具体的な選び方『細めの字幅なら日本製がオススメ』

細い字幅は日本製のお家芸。左の万年筆は先ほどの写真の細い方だが、右はさらに細い。プラチナ万年筆の『UEF(超極細)』というペン先だ。

『日本製 or 海外製』を選ぶには、『自分が細めの字幅を重視するか』で考えましょう。

  • 小さい字を書く予定がある
  • そんなに字のサイズは気にしない

小さい字を書く予定がある人は『日本製』を。字のサイズを気にしない人は『どちらでもOK』です。

カクタケイ
カクタケイ

まさか字幅で日本製か海外製かなんて、予想もしないですよね。

ここまで来たらあとちょっと。次の選び方で最後です。

STEP3:インクの供給方法

万年筆のインク供給補法は3つある。インク容量だけなら吸入式が便利だが、インクボトルがないとどうしようもない。

最後に考えるのは、『インクの供給方法』です。

なぜなら、『万年筆を使う手間に直結する』から。

『めんどくさいから使わなくなっちゃった!』なんてなったら、残念ですよね。

カクタケイ
カクタケイ

ボクですら面倒になって使わなくなりつつあったので、

しっかりと考えて購入する方がよさそうです。

具体的なインク供給方法の選び方『常用したい人はカートリッジ一択』

『インクの供給方法を選ぶ』には、『自分がどれくらい万年筆を実用するか』で考えましょう。

インクの供給方法は、大きく分けて3種類あります。

  • カートリッジ式:インクが入った小さなカートリッジを装着して使うタイプ
  • 吸入式:インクボトルからインクを吸入して使うタイプ
  • コンバーター:カートリッジ式に装着することで、吸入式のように使えるようになるモノ

万年筆を常用したい人は『カートリッジ』を。こだわって使いたい人は『吸入式』がオススメです。

どちらも両取りしたい人は『コンバーター』がオススメです。

カクタケイ
カクタケイ

手軽に使いたい人はカートリッジ一択です。

ボクも吸入式は好きですが、少し手間があるのがネックです。

補足説明『なぜ万年筆を常用したい人にカートリッジをオススメするのか』

インクが空になった時に、カートリッジ式はすぐ交換できる。この記事の下書き中にインクがなくなったので、すぐに交換した。

万年筆を好きな人の中には、『常用したいなら、コストが一番安い吸入式がいいだろう』という意見もあります。

ですがボクがカートリッジをオススメするのは、『カートリッジ式の手軽さが優秀だから』です。

カートリッジ式ならインクが切れてしまっても、すぐに予備カートリッジを装着すればOKです。

しかし、吸入式でインク切れに対応する場合、インク瓶を持ち運ぶ必要があります。

そして腰を据えた場所でなければ、インク瓶から吸入することはできません。

だからこそボクは、万年筆を常用したい人には『カートリッジ式』をオススメしています。

カクタケイ
カクタケイ

ボクも吸入式のほうが優れていると思っているタイプでしたが、

実際に使っているとカートリッジのほうが楽で便利なんです。

選び方から考える『オススメの万年筆』

万年筆を100本以上使ってきた筆者が、上記の選び方から考える『オススメの万年筆』を紹介します。

また、ここで紹介するのは全て一度所有して愛用していたモノです。

一部は他の人の手に渡ってしまいましたが、どれも優秀な万年筆でした。

カクタケイ
カクタケイ

ここで選んでいる万年筆は、すべて初心者の方でも使いやすいモノを選んでいます。

もちろん万年筆のベテランさんでも満足できる、良いモノばかりです。

もしスグに『オススメの万年筆が知りたいよ!』という方はこちらをクリック!

『細字』のオススメ万年筆

日本製×カートリッジ式『パイロット コクーン F(細字)』

『コクーン』の魅力
  • ステンレス製のペン先はシッカリとした書き味
  • 男性でも女性でも使える優しいデザインが魅力
  • カチッとハマるキャップが気軽に使いやすい
カクタケイ
カクタケイ

『コクーン』は万年筆初心者にも、ベテランさんにもオススメの1本。

文房具らしくないデザインで、スタイリッシュさを演出できます。

日本製×吸入式『パイロット カスタムヘリテイジ92 F(細字)』

『カスタムヘリテイジ92』の魅力
  • スケルトン軸でインクの残量がすぐにわかる
  • 『国産+吸入式+金ペン先』のオールスター
  • コンパクトで携帯性もよく、インクの持ちが良いパーフェクト万年筆
カクタケイ
カクタケイ

『カスタムヘリテイジ92』は、吸入式でインクの持ちが良い万年筆です。

比較的コンパクトで携帯性が良いので、メインとして使うのには最適です。

『中字』のオススメ万年筆

日本製×カートリッジ式『プラチナ万年筆 #3776センチュリー M(中字)』

Platinum #3776 Century Yamanaka
【プラチナ万年筆 #3776 センチュリー 山中】水面をイメージした加工が施されている軸が美しい。軸のクリア感を重視したそう。
『#3776センチュリー』の魅力
  • プラチナ万年筆のブルーブラックインクが優秀。それをカートリッジで使える。
  • 2年置いたままでも使い始められる安心感
  • いくら使っても疲れない最高のバランス感

また、#3776センチュリーの魅力は、こちらの記事でまとめています。

カクタケイ
カクタケイ

『#3776 センチュリー』は、理想の書き心地を追求した万年筆です。

コストパフォーマンスが圧倒的に優れているので、ボクも愛用しています。

日本製×吸入式『セーラー万年筆 プロフェッショナルギアレアロ M(中字)』

『プロフェッショナルギアレアロ』の魅力
  • 21金のペン先の、柔らかくも粘る絶妙さ
  • どっしりとゆとりのある太い軸がもたらす安定感
  • 小さく見せるインク窓が、精緻な印象を与えてくれる
カクタケイ
カクタケイ

『プロフェッショナルギアレアロ』は、21金ペン先を堪能できる万年筆です。

吸入式なのでインクの持ちも良く、書き進める手が止まらなくなる魅力があります。

海外製×カートリッジ式『ウォーターマン エキスパート F(細字)』

『エキスパート』の魅力
  • 『ライティングジュエリー』とも評される美しいデザイン
  • ステンレスとは思えない、ペン先の豊かなしなり
  • カートリッジのインク容量が大きく、インク切れの心配が少ない
カクタケイ
カクタケイ

『エキスパート』は万年筆らしからぬエレガントなデザインが特徴です。

過去に使っていましたが、ステンレス製ペン先では最高の万年筆だと感じています。