Amazonで本日のおトク商品を確認する
記事内に広告が含まれている場合があります。

ガジェットをまとめて持ち運ぶ。サンワダイレクトのガジェットポーチをレビュー。

スマホ・タブレット関連

こんにちは、けいたろー通信のカクタケイ(@kakutakei)です。

ガジェットなどの小物を持ち運ぼうとすると、意外とバラバラになってしまって持ち運ぶのが大変。バッグのなかで散乱してしまって「あれ……入れたはずなんだけど……」なんてことも。

そんな時にガジェットポーチが1つあると、たくさんのものをひとまとめにできるので持ち運びがラクになります。

そこで色々探して購入したのが、サンワダイレクトのソフトタイプのガジェットポーチ

手で持てるコンパクトサイズながらも大きなポケットが2つあるので、折りたたみキーボードやモバイルバッテリーなどの大きめのものも収納可能。

それぞれのポケット中にはメッシュ部分や小さなポケットなどが複数あるため、小物が多くなっても混ざらずに持ち運べます。

この記事ではサンワダイレクトのガジェットポーチについてレビューしていきます。

サンワダイレクトのガジェットポーチの特徴
  • メイン収納は2つ、大きめのものも収納できる
  • 内部にはポケットがたくさんあるから小物もOK
  • S・M・Lの3サイズから選べる
スポンサーリンク

サンワダイレクトのガジェットポーチの特徴・仕様

サンワダイレクトのガジェットポーチの特徴・仕様について紹介します。

商品名サンワダイレクト ガジェットポーチ
200-BAGIN012/013/024
サイズ
(幅 × 高さ × 厚み)
190 × 135 × 35 mm
重量約116g
材質ポリエステル
カラーリンググレー
ネイビー
他のサイズバリエーションS・M・L
価格(2024年3月現在)Sサイズ:1,380円
Mサイズ:1,560円
Lサイズ:2,480円
出典:Amazon.co.jp【サンワダイレクト ガジェットポーチ200-BAGIN012/013/024】
カクタケイ
カクタケイ

今回紹介しているのは「Mサイズ」です。

今回購入したのはMサイズのグレー。糸には白っぽい部分があるため表情があり、ポリエステルながらも安っぽい感じはしません。触って見た感じもざらつきがあり、手で持った際にも滑りにくくなっています。

ファスナーやリング部分はすべてブラックで統一されていてスッキリめのデザインです。ファスナーの取っ手は大きくて掴みやすかったです。

裏地があるのでポケット内部に針は貫通していません

表面はポリエステルでできており、缶バッジなどの取り付けも可能。2重になっているので内側に針が通ることもありません。

メイン収納は2つ、大きめのものも収納できる

サンワダイレクトのガジェットポーチのメイン収納は2つ。

シングルファスナーとダブルファスナーの2つに分かれており、コンパクトなサイズながらも収納力が高く、大きめ+分厚めのものでも収納できます。

ダブルファスナー側は180度キレイに開けるようになっているので、収納物の出し入れがしやすくなっています。メッシュ素材で何が入っているか分かりやすいのもGood。

今回購入したMサイズは寸法だけみると小さく感じますが、3つ折り式のモバイルキーボードも収納できるほどの大容量だったりします。大きめのものでも入れられるので、実用性は抜群です。

内部にはポケットがたくさんあるから小物もOK

シングルファスナー側のポケット

大きな2つのポケットの中には小さなポケットがたくさん用意されているので、ケーブルやカード類などの小さなものも混ざらずにキレイに収納できます。

おかげでガジェットだけでなく日用品などを持ち運ぶのにも使いやすくなっています。

S・M・Lの3サイズから選べる

出典:Amazon.co.jp【サンワダイレクト ガジェットポーチ200-BAGIN012/013/024】

サンワダイレクトのガジェットポーチはS・M・Lの3サイズのバリエーションが用意されており、自分にピッタリのサイズを選べます。

ボクは小さめのバッグに入れて持ち運ぶことを考えていたのでMサイズを選んでいます。

MサイズとLサイズでは「シングルファスナー+ダブルファスナー」の2ポケットですが、Sサイズは「ダブルファスナー+薄めのファスナーポケット」になっているので選ぶ際には要注意ですね。

↑目次に戻る

サンワダイレクトのガジェットポーチのレビュー

サンワダイレクトのガジェットポーチを使って感じたことを3つ紹介します。

ソフトタイプだから大きめのものでも持ち運びやすい

サンワダイレクトのガジェットポーチはコンパクトサイズながらも収納能力が高いのが魅力。

上のアイテムを入れたまま閉じても大丈夫

マウスモバイルバッテリーなどの厚みのあるものを入れても形に合わせて膨らんでくれるため、大きめのものを入れても大丈夫。

逆に、スマホや鍵などの小さいものを入れればかなりスリムになります。どんな時にも最小限のコンパクトサイズになってくれるので、持ち運び時に必要以上にかさ張ることがないので助かります。

カクタケイ
カクタケイ

ハードタイプではケースサイズ以上のものは持ち運べないので、

ポケットが多いので小物も持ち運びやすい

これに加えて折りたたみキーボードを入れて持ち運んでいた。

ボクはこのポーチをSamsung DeX用のアイテムをひとまとめにするために購入したんですが、このあとXREAL Air 2 Proを買ったことで大幅に荷物が小型化してしまい、いったんお役御免になってしまいました。

今はカギや会社用スマホをまとめるために使っている

そこで別の用途を考えたところ、会社に通勤する際にバラバラに持ち運んでいたカギやスマホをひとまとめにするのにちょうどいいことに気づいてジョブチェンジしました。

サンワダイレクトのガジェットポーチは小さなポケットがたくさん付いているおかげで、会社や車のカギなどの小物も混ざって取り出しにくくなることがなく快適そのもの。

出社する際には必ずこのポーチを手に取れば忘れ物もなくなるという最強の状態にできたので、このポーチ様様といっても過言ではないですね。

耐衝撃能力はあんまりない

コンパクトデジタルカメラくらいならすっぽりはいるサイズだが、耐衝撃性はないのでやめておいた方がよさそう

サンワダイレクトのガジェットポーチはソフトタイプなので耐衝撃能力はそこそこ。ケース無しのスマホやコンパクトデジタルカメラなどの繊細なものを入れておくには少々不安が残ります。

繊細なものを持ち運ぶのに使う場合は、ハードタイプのガジェットポーチを選んでおく方が無難です。

カクタケイ
カクタケイ

上でも書いた通り、入れるもののサイズにシビアではないメリットもあるので、「何を入れるか」を基準にソフトかハードかを選ぶといいですよ。

↑目次に戻る

サンワダイレクトのガジェットポーチのレビューまとめ

サンワダイレクトのガジェットポーチをレビューしました。

サンワダイレクトのガジェットポーチの特徴
  • メイン収納は2つ、大きめのものも収納できる
  • 内部にはポケットがたくさんあるから小物もOK
  • S・M・Lの3サイズから選べる

サンワダイレクトのガジェットポーチは、コンパクトながらも2ポケットで大容量で使い勝手が抜群。

持ち運ぶもののサイズがまちまちな人や小物が多くて困っている人に最適。Mサイズなら1,000円台で気軽に試しやすく転用もしやすいのでオススメです。

以上、カクタケイ(@kakutakei)でした。

↑目次に戻る